TOPTENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~ ≫ ケンドーコバヤシ、後輩芸人のせいでR-1ファイナリスト決定会議が揉めた理由に驚き「見た目、大丈夫か?」

ケンドーコバヤシ、後輩芸人のせいでR-1ファイナリスト決定会議が揉めた理由に驚き「見た目、大丈夫か?」

2014.11.03 (Mon)
2014年11月1日放送のFM OSAKAの番組『TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~』(毎週土 25:30 - 26:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、お笑いコンビ・アインシュタインの稲田直樹の顔が「ブサイク過ぎて、R-1のファイナリストに選出して大丈夫か?」と会議で揉めたことに驚いていた。

漫道コバヤシ 巻一
漫道コバヤシ 巻一 [DVD]

稲田直樹:僕、R-1グランプリで決勝に行ったことあるんですけど。

ケンドーコバヤシ:ああ、はいはい。

稲田直樹:ホンマ、どう考えたって行ったってくらいウケたんですけど。

ケンドーコバヤシ:うん。

稲田直樹:でも、予選の後で、上が大分揉めたらしいです。

ケンドーコバヤシ:はっはっはっ(笑)

稲田直樹:はい。

ケンドーコバヤシ:あのね…コンテストものって、上位何組かはガッチリ決まるけど、当確線上の何組かを決める会議っていうのがあって。

稲田直樹:はい。

河井ゆずる:そうですね、ボーダーラインで。

ケンドーコバヤシ:ボーダーラインで、誰を通したいか、と。正直、ウケは凄かった、と。

河井ゆずる:はい。

ケンドーコバヤシ:その会議で揉めた?

稲田直樹:揉めたみたいです。大阪予選で、中継で東京の予選も同時にやってて、東京にも流れる、みたいな。

ケンドーコバヤシ:うん。

稲田直樹:大阪、東京合わせて、1番ウケてた、と。

ケンドーコバヤシ:うん、笑いの量が。

稲田直樹:1位くらいやったんですけど。

ケンドーコバヤシ:量で言えばね。

稲田直樹:はい。だけど、「見た目大丈夫か」って話になって。

ケンドーコバヤシ:うん。

稲田直樹:だから、僕のせいで決勝者の発表、一日遅れたんです。

ケンドーコバヤシ:お前さ、一回、メキシコかなんか半年行って、覆面芸人で帰ってくるとかどうなん?体もちょっとデカくして。

稲田直樹:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:覆面っていう手もあるよな(笑)

【関連記事】
ブサイク芸人・アインシュタイン稲田、デートに誘った女性が逃げた先に仰天

ケンドーコバヤシ、芸人は仕事が無いと顔が歪むと明かす「ほっしゃんも顔が曲がった」

フット岩尾、ブサイク顔が万国共通でウケる「小さい子に顔指されて『WHY ?』」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ケンドーコバヤシ,アインシュタイン,稲田直樹,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  TENGA presents Midnight World Cafe~TENGA 茶屋~
次の記事:土田晃之、爆笑問題の番組に出演しなくなって苦情を受けた理由「太田光を止める人がいないから」

前の記事:バカリズム、芸人にとって観客に伝える能力・サービス精神の大切さ「自分がどこをどう面白いと思ってるのか」