TOP未分類 ≫ 所ジョージ、才能のある人とは「失敗しても、成功するまでやり続けられる人」

所ジョージ、才能のある人とは「失敗しても、成功するまでやり続けられる人」

2014.10.23 (Thu)
2014年10月21日放送のBSフジの番組『所さんの世田谷ベース』(毎週火 23:00 - 23:55)にて、タレント・歌手の所ジョージが、自身の考える「才能のある人」について語っていた。

所ジョージ ゴールデン☆ベスト
所ジョージ ゴールデン☆ベスト

所ジョージ:才能は、誰もが持ってて。誰もがみんな持ってるんだけど、「才能ないなぁ…」って言ってるのは、それをやってみるエネルギーとか、続けて出来上がるまで、失敗もあるけれど、成功するまでやれる人が才能があるって人だと思うんだ。

誰もが才能を持ってるんだけど、考えたところで、「面倒くせぇな」「出来上がりも悪いんじゃないかな」って、大人だから思っちゃって、やらないじゃん。

それで、「俺は才能ねぇな」って言ってるんだけど、それを「とりあえずやってみよう」って、やってみて、ずっとやり続けて、失敗して「ああ、ダメだな…」ってところの繰り返しができる人が、才能ある人だと思うんだ。

だから、エネルギーをずっと使えて、先のことが読めるんだけど、「どうせ上手くいかねぇな」でやめない人。上手くいかなかったとしても、「やってみて面白いんじゃないの?」って思える人が、才能あると思う。私はね。

誰しもが思うんですよ。「こんなことやったら、こうなるな」って。でも、それを実際にやって、できちゃうのが凄いんですよ。やり続けることが、才能なんですよ。

【関連記事】
所ジョージが語る、ビートたけしのカッコ悪いことをカッコイイと思ってやる生き様

所ジョージ、悲しい出来事もポジティブに捉えられる考え方「面白くないものはないから」

千原ジュニアが語る、所ジョージの尖った感性「高級時計の文字盤の中にビスケットを入れている理由」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 所ジョージ,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類
次の記事:大久保佳代子、卑屈にならずに人と接することができる方法「どうせコイツもメシ食ってクソして寝るだけと想像」

前の記事:「何も芸がない」蛭子能収が漫画家・タレントデビューできた理由「時代の流れに乗った」