TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、バカリズム脚本の『素敵な選TAXI』を絶賛「もう、ただの脚本家」

千原ジュニア、バカリズム脚本の『素敵な選TAXI』を絶賛「もう、ただの脚本家」

2014.10.22 (Wed)
2014年10月21日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、バカリズムが脚本を担当するフジテレビ系のドラマ『素敵な選TAXI』を観た感想として、お笑い芸人であるバカリズムを「もう、ただの脚本家」と絶賛していた。

TV Bros
TV Bros (テレビブロス) 2014年9月27日号

千原ジュニア:京都映画祭で、せいじがまたえげつなかったらしいな。京都で映画祭やってて、お偉いさんとかいっぱい集まって、挨拶してるところに、「声小っちゃいのぉ」とか。

おのののか:ええ?!ヤバイ(笑)

山本吉貴:凄いなぁ。

千原ジュニア:隣に、竹野内豊さんが座ってて。なんでせいじの横に、そんな人座らせんねんって話なんやけど。

桂三度:うん。

千原ジュニア:ちょっと進行が滞ったら、「段取り悪ぅてすんまへんな!」って。

桂三度:え?

千原ジュニア:竹野内豊さんに、「ウチの会社の段取りが悪くて、すんまへんな」ってことで。竹野内豊さんの隣に、せいじを座らせへんっていう『選TAXI』は、なかったんかなっていう。

篠崎愛:はっはっはっ(笑)凄い(笑)

おのののか:面白かったですね、ドラマ。意外と感動系でした。

千原ジュニア:アレ、俺も観たけど凄いよなぁ。

おのののか:凄い、本当に。

千原ジュニア:ただの脚本家やん。リズムちゃん(バカリズム)。観た?

桂三度:分かってないです。

千原ジュニア:ああ、話分かってない?『素敵な選TAXI』っていうドラマをバカリズムが脚本担当してるんですよ。

桂三度:はい。

山本吉貴:竹野内豊さん主演で。

千原ジュニア:アレ、全部自分で書いてんねんで。

おのののか:本当に凄い。

千原ジュニア:大変やわぁ。

おのののか:だって、脚本家っていう仕事だけでやってる人がほとんどなのに、それにプラス芸人さんで毎日のようにテレビでも観るし。いつ寝てるんだろって感じの。

桂三度:そういうことやな。

千原ジュニア:ホンマやで。言うたら、ピッチャーで、ちゃんと完封勝ちして。次の日、世界戦でボクシングで防衛するようなもんやからね。

おのののか:ツイッター見てても、いつ寝てるんだろうっていう。

千原ジュニア:つぶやいてんの?

おのののか:遅くとかに、お仕事とかで一緒にさせてもらった後に、夜なのに「次は作業場へ」とか。

千原ジュニア:ああ…そういう作業場を借りてやってるって言うてたわ。それがあって、さらに『オモクリ監督』があるからね。新番組始まって。2本撮りで、毎週一本、作品を作っていかなあかんから。面白いVTRをって。テーマだけ渡されて。

おのののか:凄いなぁ。

桂三度:映画監督の話もあったし、小説とかの話もあるじゃないですか。ジュニアさんはやらないんですか?

千原ジュニア:原稿用紙作りました、と。千原ジュニアって入った原稿用紙を。

桂三度:はい。

千原ジュニア:もう版があるんで、ナンボでも刷れる、と。俺、パソコンせぇへんの知ってるから、全部、原稿とか直筆なの知ってるから、その原稿用紙をドサって渡されてん。

桂三度:うん。

千原ジュニア:渡されたままやわ。

桂三度:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:一枚も。減っても増えてもないわ(笑)

【関連記事】
バカリズム、ドラマ『素敵な選TAXI』で脚本家として不安に「面白いです、しか言われない」

バカリズム、竹野内豊とのドラマ『素敵な選TAXI』取材で赤っ恥「ツーショットは一つも表紙に使われず」

バカリズム、『素敵な選TAXI』新人脚本家としての意気込み「低視聴率なら温泉・グルメ情報、全然入れます」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バカリズム,竹野内豊,素敵な選TAXI,千原ジュニア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:おのののか・篠崎愛の微妙な関係を一気に打ち解けさせた佐野ひなこの凄さ「もう普通に友達」

前の記事:千原ジュニア、桂文枝に教えられた自らを成長させる方法「居心地の良い場所に居ても進歩はない」