TOPアンタッチャブルのシカゴマンゴ ≫ アンタッチャブルが考える 「下ネタを言って良い芸能人とは」

アンタッチャブルが考える 「下ネタを言って良い芸能人とは」

2009.08.02 (Sun)
お笑いTYPHOON ! DVD アンタッチャブル ~できませんはいいません~2009年07月30日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にて、格好良いとされる芸能人が下ネタを言うことについて話されていた。話の発端は、先の26時間テレビにて、大沢あかねが『クリちゃん』と連呼していたことだった。

「大沢あかねちゃんが、クリス松村さんのことを、『クリちゃん』って連呼していて。まぁ、世間的には良いのかもしれないけど、俺の中で『クリちゃん』って呼んじゃうと…しかも、女性がね…」と、明らかにソッチの意味でクリという言葉に反応している山崎。

さらに、「そもそも(クリス松村)クリちゃんは、全然頑張れていなかった。静かにしていてね、体を丸めちゃってね、大きくなってなかった…」と山崎は悪ノリ。これに対して、柴田は「俺、そういうの(下ネタ)キライ」と、山崎の下ネタバッサリと切っていた。

こうした流れから、アンタッチャブルの二人は、以下のように語っていた。

柴田は「こういう下ネタは、福山雅治さんとかに任せよう。福山さんが言っていたりすると、『そのギャップが良い』っていう話になるけど、俺らが言うと『出た!ザ・エロ』みたいになる」と話していた。

この意見に山崎は「イケメンが下ネタ言っちゃダメだと思うんだよね。こっちに入ってくるな、みたいなね。下ネタも持って行かれちゃったら…」と、格好良いとされている芸能人が下ネタを言うことに反対していた。

「福山雅治さんとかが下ネタを言われてしまうと、もう敵わない。こっち(芸人)はどうしようもなくなってしまう」と山崎は話していた。

ところが、柴田は「たしかに、こっち(芸人の領分)に入ってくるな、みたいのはある。でも、下ネタを芸人が話すと、思いっきりエロい話をしているみたいになってしまう(爽やかさがない)。だから、下ネタはイケメンたちに任せよう」と、話していた。

【関連記事】
アンタッチャブル山崎 「大沢あかねが『クリちゃん』と連呼」

実はソッチの気がある?アンタッチャブル・柴田


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : アンタッチャブル,福山雅治,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ
次の記事:伊集院光 「ギャグ無しの結婚スピーチ」

前の記事:アンタッチャブル山崎 「大沢あかねが『クリちゃん』と連呼」