TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン山里、作曲家・新垣隆の中学校の後輩だった「本当に誇らしい後輩だ」

南キャン山里、作曲家・新垣隆の中学校の後輩だった「本当に誇らしい後輩だ」

2014.10.16 (Thu)
2014年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、佐村河内守氏のゴーストであったことを明かした新垣隆氏について、中学時代の先輩であったことを明かした。

山里亮太:幕張イオンモール劇場で漫才が終わったから、久しぶりに実家に帰って。そこで、「ええ?!」って驚くことがあって。

ウチの母ちゃんが地元の商店街の豆腐屋さんの奥さんと喋ったって話をしてて。「この前、豆腐屋の奥さんが、『さつ中(千葉市立さつきが丘中学校)の卒業生の中で、一番出世した人って言ったら、山ちゃんなのかな』って話をしてくれてたよ」って。

豆腐屋のおばちゃんと、さつ中の卒業生で…僕より大分年上の卒業生の人と話をしてたんですって。母親が「その卒業生も、さつ中を卒業したあと、芸能の世界に少し関わってる人らしいのよ」って。「何やってんの?」「作曲家をやってるんだって」「へぇ」って。

「作曲家をやってて、『あんな凄い後輩がいるなんて、本当に嬉しい人ですよ』って言ってたよ」って話で。母ちゃんと話をしてて、「その作曲家の人が、新垣さんっていうんだけど」って。

「作曲家で新垣さん…作曲家で新垣さん?!」って。「ええ?それって…あの?」って訊いたら、「そうよ。今、テレビ出てるじゃない」って。「さつ中の卒業生らしいよ」って。「亮太がいつも遊びに行ってた友達のお家あるじゃない?そこの近くに住んでるらしいよ」って。

俺、新垣さんの後輩だったんだって。僕のことをよく知っていてくださって、「本当に誇らしい後輩だ」って言ってくれて。豆腐屋のおばちゃんが言うには、本当にいい人なんだって。

思ったのよ。曲書いてくれないかな。『YAMASATO』で。ビックリした。実家に久しぶりに帰ってみるもんだなって思ったね。

【関連記事】
新垣隆、佐村河内守のゴーストライターになったきっかけを告白「映画音楽の編曲を名前を出さずに依頼」

爆笑問題・太田「なぜ佐村河内のゴースト、新垣氏は大衆音楽を本気でやらないのか?」

伊集院光が語る、佐村河内氏のニュースの見所「創作活動に携わる人間の線引きが出る」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,佐村河内守,新垣隆,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:南キャン山里、「NSC生徒がなりたくない芸人1位」のノブコブ吉村を擁護「卒業するまで凄さは分からない」

前の記事:南キャン山里、2ヶ月ぶりのしずちゃんとの漫才で分かったこと「時代を反映させていく必要性」