TOPバカリズムのオールナイトニッポンGOLD ≫ バカリズム、竹野内豊の意外にもお茶目な一面「監督に『普通にやりましょう』と言われる」

バカリズム、竹野内豊の意外にもお茶目な一面「監督に『普通にやりましょう』と言われる」

2014.10.14 (Tue)
2014年10月14日放送のニッポン放送系のラジオ番組『バカリズムのオールナイトニッポンGOLD』(毎週月 22:00 - 24:00)にて、お笑い芸人・バカリズムが、フジテレビ系のドラマ『素敵な選TAXI』の撮影中に、竹野内豊がお茶目な一面を見せていたと明かしていた。

TV Bros 2014年9月27日号
TV Bros (テレビブロス) 2014年9月27日号

バカリズム:ついに14日22時から、フジテレビ『素敵な選TAXI』初回が放送されます。ぜひ、観て欲しいですね。拡大版なんで、75分くらいあると思います。ちょっと多めです。

最後までちゃんと観た方が良いです。途中から結構、展開することもあるんで。それで…この間、ちょうどカフェシーンで。枝分さんっていう、竹野内豊さん演じるタクシー運転手が、行きつけにしているカフェの店長を僕がやってるんです。

ゲストの方は変わるんですけど、そこは必ずレギュラーなんです。そこのシーンを撮ってて。竹野内豊さんって、どういうイメージがあります?割りと真面目で、そんなにふざけた感じじゃなくて、たまにコミカルな役もするけど、基本は真面目な感じに見えるでしょ?意外とあの人、急に変なことやったりするんですよ。ちょっと面白い人です。

多分、元々、面白いことは好きなんですよ。カフェのシーンで、枝分さんが、僕演じる店長に、クレームを言うシーンがあったんですよ。そこは、枝分さんが言うことが正しいんで、コントまでは行かないけど些細ないざこざなんですよ。

まず、段取りリハみたいなのやってて。カメラを回さずに、監督が流れを見て、どういうカット割りにしようかって考えるんですけどね。僕のイメージでは、「…ちょっと、店長さぁ…」みたいな感じだったんですけど、「店長~さぁ~ちょっと、来てよぉ~」って、急にこんな変なキャラ出して(笑)

「ちょっとコレぇ~おかしくないぃ~?」って。みんなそりゃ笑いますよね(笑)俺も笑っちゃって(笑)竹野内さんも、ちょっと笑っちゃってるんですよ。あまりにも急だから(笑)それまでのキャラクターも、ある程度撮った上でそれだったから。

面白いから、僕もアドリブでノリながら。それで、次にドライっていうリハーサルみたいなのやって。「よーい、スタート!」って始まったら、「店長~さぁ~」ってまた変なキャラで(笑)「ちょっとコレぇ~おかしくないぃ~?」って言うんですよ(笑)みんな笑うじゃないですか、竹野内さんがそんなことやってるから(笑)

でも、俺は脚本家としては、ちょっと不安になるわけですよ。「ちょっと待って、竹野内さん、まさかこの感じでは…」って(笑)まぁ、リハでは俺もアドリブやることもあって、本番ではきっちりやるってことはあるし。色々試してね。

カメラ覗いてリハーサルをやっても、そこでも「店長~さぁ~」って(笑)竹野内さんのキャラがやたら面白いんですよ。急だし(笑)でもちょっと違うんですよ。今後もずっと演じていくわけだから、さすがにって思って。カメリハ終わって。何も誰も言わないんです。実際、ウケてるし。カット掛かったら、みんな爆笑してるし。

そこからリハーサル2~3回やっても、そのキャラなんですよ。「え?これどうするんだろ」って思って。面白いんですよ、急だから。でも、繋がりどうするんだろうって思って。いよいよ本番です、と。面白いし、これ話題になるなって思っていうくらいの振り切り方で。もう、キャラコントですよ。

「よーい、スタート!」って本番始まって、「店長~さぁ~」って(笑)やったんですよ(笑)まあ、そこは本編とは関係なくて、シリアスなシーンでもないし、言ったら箸やすめ的なところだから、まあいいやって思って。面白いから。

そしたら監督が、「はい、カット」って。「もう一回、いきましょうか」って。俺は、もう一回やるのは、アノことなのかなって思いながら(笑)特に何か、「○○さん」って呼びかけてからもう一回って言うんじゃなくて、「もう一回やりましょう」って。

「よーい、スタート!」って始まって、「店長~さぁ~」ってやりますよね。「はい、カット…もう一回、いきましょうか」って(笑)これ、どっちだろって思って。でも、カット掛かったらウケてるんですよ。竹野内さんは、普通の感じで澄ましてるし。

テイク3で、「よーい、スタート!」って始まったら、またアノ感じで。それで、カット掛かったら監督が来て。「竹野内さん、普通にやりましょうか」って(笑)後々、それで竹野内さんに「カット掛かったときに、どう思ったんですか?」って訊いたら、「アレは、多分、技術的なカメラの位置的なこととかだと思って、まさか自分だと思わなかった」って(笑)

…っていう人なんですよ(笑)本編はまだ観てないから分からないんですけど、結構、キャラが立ってるっていうか。本当にお任せしてるんで。そういう意味では、僕も視聴者の皆さんと同じで、楽しみですね。

もしかしたら、俺の知らないところで「お客さん~さぁ~」って言ってるかもしれない(笑)僕らがビックリするような竹野内豊さんが見られるかも知れませんからね(笑)

【関連記事】
バカリズム、竹野内豊とのドラマ『素敵な選TAXI』取材で赤っ恥「ツーショットは一つも表紙に使われず」

バカリズム、竹野内豊主演ドラマ『素敵な選TAXI』の脚本担当を引き受けた理由「モテそうだから」

バカリズム、竹野内豊主演ドラマ『素敵な選TAXI』脚本担当の凄さを自画自賛して後悔


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バカリズム,竹野内豊,素敵な選TAXI,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バカリズムのオールナイトニッポンGOLD
次の記事:明石家さんま、中山秀征が30年経った今でも覚えている初対面での言葉「好きにこいや」

前の記事:伊集院光、脂肪燃焼の度合いを"見える化"したdocomoのデバイスに注目「アセトンを測定」