TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題、芸能界を干されるきっかけとなった元マネージャーとの事務所独立の裏側

爆笑問題、芸能界を干されるきっかけとなった元マネージャーとの事務所独立の裏側

2014.10.08 (Wed)
2014年10月6日放送のテレビ朝日系の番組『ビートたけしのTVタックル』(毎週月 23:15 - 24:15)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、太田プロからの移籍を巡るトラブルで、芸能界を干されることとなったきっかけについて語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

爆笑問題・太田、芸能界を干された原因は「ビートたけしの育ての親を騙る男」
大竹まこと:最初は、事務所を移るどうのこうので、10年くらい出れなかったもんな?

田中裕ニ:3年くらいです。太田プロから。

太田光:元々、たけしさんが悪いんですよ、アレは。

大竹まこと:なんで?

太田光:俺らをスカウトしたヤツがいて、「俺がたけちゃんを育てた」って言うから、その人に付いて行ったんですよ。そしたら、後でたけしさんに訊いたら、「あんなヤツ、知らねぇよ」って。

阿川佐和子:ああ、サギにあったんだ。

太田光:それで、一回、たけしさんに初めて会った時に、たけしさんの担当だったっていうマネージャーが、「たけちゃんに会ったことないだろ?」って。

田中裕ニ:僕らが新人の頃ですよ。たけしさん、お正月の『ヒットパレード』の時で。

太田光:フジテレビの特番で、それこそたけしさんが白塗りして何かやってたんですよ、相変わらず(笑)

田中裕ニ:コントみたいなのね。

太田光:あの頃から、本当に進歩してないですね(笑)

ビートたけし:うるせぇよ(笑)

太田光:フジテレビが、まだ河田町の頃ですよ。それで、俺らが緊張してたら、そのマネージャーだったって人が、「大丈夫だよ。俺が育てたようなもんだから」って。

阿川佐和子:友達みたいなね。

太田光:それで、「今からたけちゃんのところ行くから」って言って、「殿!」って言ったんですから、そいつ(笑)お前、さっきまでと全然違うじゃねぇかって。「殿、すみませんけど、今、よろしいでしょうか?」って。

ビートたけし:だって、アイツはその後、「たけしと爆笑問題を育てた男」ってなってんだよ。それで、お笑い塾なんてやってて。

阿川佐和子:まだご存命なんですか?

太田光:ご存命ですよ。

田中裕ニ:どっかで息づいてます。どこかで。

この内容の通り、90年9月に爆笑問題の2人は太田プロダクションを辞め、同事務所のマネージャーだった瀬名英彦氏(Facebook上で、ツービートとの思い出についても語っており、この人物がマネージャーであったと考えられる。ツイッター:瀬名英彦でも、自己紹介文に爆笑問題、ツービートの名がある)とともに、事務所スパイシィ・フルーツへ移籍。

瀬名氏は数組のタレントを引き抜いての独立を行っており、太田プロダクションとの力関係から、「干された」状態となっている。爆笑問題は「たけしを育てた」という瀬名氏の言葉を信じ、事務所移籍を了承したという。すでに"干された"状況となっており、この状態からおよそ1ヶ月後、2人はニッポン放送系のラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』に、"急病"とのことで放送を病欠したビートたけしの代理で出演することとなった時には、以下のように語っていた。

田中裕二:我々、爆笑問題というのはなんだってことなんですけども。

太田光:新人漫才師ですね。

田中裕二:最近は、何をやっているかっていうと…

太田光:最近は、ニッポン放送しか拾ってくれないんで、ニッポン放送で『爆笑問題のオモスルドロイカ帝国』をやってますけども。3年目に入りましたね。

田中裕二:2年半かな。デビューしてから。

太田光:さっきまでやってた笑組の内海ゆたおとかと大体、同世代で。

田中裕二:あのへんと同世代ですね。

太田光:第4世代っていわれるね。それで、ラ・ママという新人コント大会でデビューして。

田中裕二:うん。

太田光:それで、瀬名さんに誘われて、創価学会に入ってですね。

田中裕二:そうじゃない(笑)太田プロに入ったんだよ(笑)それで、なぜか今は、他の事務所にいるんですけども(笑)


この番組内では他に、田中は「もしかしたら、ある事務所の罠かもしれないですよ」などと、太田プロダクションのことを仄めかす発言を行っている。

さらには、田中が出演したい芸人を募ったところ、「一応、芸人ですから、ネタ見せがあります。たけしを発掘した男として有名な、元・太田プロの瀬名さん」と紹介している。太田は「たけしを発掘したといって、たけしさんに文句言われてる人ですね」と発言し、やはり、ビートたけしとの関係から瀬名氏を信じている様子を伺わせた。

太田プロダクションとの関係の問題、そしてこの番組内で「たけしさんがとうとう、死んじゃいましてね」などといった問題発言を行い(爆笑問題・太田、弱冠25歳でビートたけしの代理を行うという極限の緊張でも堂々と放ち続けた毒舌)、そのため、ほぼ唯一であったニッポン放送の番組も終了。さらに芸能界を干される結果となったようだ。

【関連記事】
爆笑問題・太田、弱冠25歳でビートたけしの代理を行うという極限の緊張でも堂々と放ち続けた毒舌

爆笑問題・太田、芸能界を干された原因は「ビートたけしの育ての親を騙る男」

干されていた爆笑問題を救った、TBSプロデューサー桂邦彦


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,瀬名英彦,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題、ビートたけしの代理ラジオ番組に乗り込んできた水道橋博士とのやりとり「呼び捨て10年早い」

前の記事:爆笑問題・太田、弱冠25歳でビートたけしの代理を行うという極限の緊張でも堂々と放ち続けた毒舌