TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、弱冠25歳でビートたけしの代理を行うという極限の緊張でも堂々と放ち続けた毒舌

爆笑問題・太田、弱冠25歳でビートたけしの代理を行うという極限の緊張でも堂々と放ち続けた毒舌

2014.10.08 (Wed)
1990年10月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』で、ビートたけしが「家にお化けが出た」との理由で番組に欠席したため、急遽、爆笑問題の2人が代打で出演することとなった。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

当時、太田は弱冠25歳であり、まだ若手芸人でありながら同番組の代理に抜擢された。「ダメだ、手元がふらふらする」と口にしてしまうほどの緊張の中、番組冒頭、「たけしさんがとうとう、死んじゃいましてね」と毒舌を放った。

さらには、「要するに、ビートたけしの時代は終わったというね」「代理で、大竹まことが番組をやって大失敗したから」「俺はニッポン放送を見直したのは、ここでこんな危険なことをおかす度胸があったのかっていうね」などと毒舌を繰り返していた。

その堂々とした様子は、現在の番組出演となんら遜色なく、緊張を隠しながらも快調な滑り出しで、以下のように放送を行っていた。

田中裕二:ええ…どうも、こんばんは。

太田光:「あれ?」って今、何億人の人が思ったろうね。

田中裕二:何億人も思うかよ(笑)我々は一体、誰なんだってことですけどもね…実は、私たちは爆笑問題という漫才師なんですね。

太田光:はい。通常は、ツービートのビートたけしさんのオールナイトニッポンなんですけども。

田中裕二:皆さん、かなりの人が聴いてますよ。

太田光:たけしさんがとうとう、死んじゃいましてね。

田中裕二:何言ってんだよ!演技でもないこと言うな(笑)そんなことではないですけどね(笑)

太田光:ええ。

田中裕二:なんで我々がいるのか、ということで、不思議だと思うんですけども、そのことをですね、実は今、なぜか緑山スタジオにいるたけし軍団さんの皆さんが、その理由を言ってくれるということで、呼んでみたいと思います。

太田光:うん。

田中裕二:緑山スタジオさん!

ガダルカナル・タカ:はい、こちらTBS緑山スタジオです。たけし軍団のタカです。

ダンカン:ダンカンです。

井手らっきょ:らっきょです。

柳ユーレイ:柳です。

ガダルカナル・タカ:というわけで、また4人呼び出されたわけですけども。何、コレ。

ダンカン:もう1時過ぎ。真っ暗。撮影やってないんだよね。

ガダルカナル・タカ:普通、やってるんだけどね。なんだか知らないけど、真っ暗でしょ?

ダンカン:うん。

ガダルカナル・タカ:聞いたら、たけしさんがまた具合悪くなっちゃって、帰っちゃったということでね(笑)

ダンカン:とっくの昔に帰ったらしいよ(笑)

ガダルカナル・タカ:朝方帰ったってらしよ(笑)なんで連絡くれないかね(笑)

ダンカン:もう、我々、1時過ぎると、バスも電車もないのよ。ここに泊まるしかないのよ(笑)

ガダルカナル・タカ:どうしよう(笑)…ここのところ、調子良かったんだけどね。

ダンカン:先週はね、この『浮浪雲』は絶対に休まないんだよ。「水戸黄門のようにしたい」ってフリだったんでね。

ガダルカナル・タカ:また騙されたか(笑)ダンカンなんか、先週、やったりしてたんでしょ?…とにかく、殿がいないってことでね、我々もこの後、どうしようもないんで、どうしよう…泊まる?

ダンカン:泊まるしか…あとは、歩いて帰るしかないんだよ(笑)

ガダルカナル・タカ:我々も、非常に迷惑してるんですけども、一番迷惑をしている方がですね、ラジオを聴いてるリスナーの皆さんでございましてですね。皆さんには、本当に申し訳ないと思ってまして。

ダンカン:ええ。

ガダルカナル・タカ:来週に限っては、こんなことはないですね。今までのペースから見ると、緑山スタジオのドラマっていうのは、初めてですから。

ダンカン:うん。

ガダルカナル・タカ:…というわけでして、緑山スタジオから、たけし軍団がお送りしました。

太田光:どうも、どうも(笑)

田中裕二:参っちゃいましたよ。

太田光:たけし軍団は、連絡がいかなかったんですかね。

田中裕二:そうですね。

太田光:我々には、今朝、連絡がきましたけどもね。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:たけし軍団には、連絡がいかないんでしょうかね(笑)

田中裕二:たけしさんには本当に参ったよね、急にね。…まあ、そういうことで、どうなるか分かりませんけども、2時間やっていきましょう。

太田光:うん。

田中裕二:『爆笑問題のオールナイトニッポン』!

(ビタースイートサンバ)

田中裕二:どうもこんばんは、爆笑問題の田中です。

太田光:こんばんは、太田です!

田中裕二:さっきまで緊張しててね(笑)

太田光:ダメだ(笑)手元がふらふらしちゃって(笑)

田中裕二:たけしさんの枠だよ、言っておくけど。

太田光:要するに、ビートたけしの時代は終わったというね。

田中裕二:違う!今日は、さっきたけし軍団の人たちが言ってたじゃない。病気で、殿が(笑)

太田光:あのね、たけしさんよくオールナイトニッポンを休む時あるじゃない?たいてい、こういう代わりやったって人はダメですね。

田中裕二:ダメ(笑)

太田光:これで失敗したのが、大竹まことだって話で(笑)

田中裕二:大竹まこと、大失敗したんですよね(笑)

太田光:大竹さんはこの後、ニッポン放送出入り禁止になったらしいから(笑)

田中裕二:ああ、そう(笑)俺ら、月曜から木曜9時から、『爆笑問題のオモスルドロイカ帝国』って生放送をやってるんで、それすらこれで失敗すると危うくなるというね。

太田光:ニッポン放送も、度胸がありますよね。我々を…

田中裕二:他にいなかったんですかね?

太田光:いますよ、そりゃ。でも、俺はニッポン放送を見直したのは、ここでこんな危険なことをおかす度胸があったのかっていうね。

田中裕二:守りに入ってないね(笑)

太田光:だって、俺らを今使ったら、みんな潰れるっていう。そういう話ですからね(笑)

田中裕二:今日は、こういったチャンスを活かしてですね…

太田光:チャンスなのか、どうなのか分からないですけどもね。

田中裕二:分からないけどね。

太田光:もしかしたら、これでダメになる可能性もありますけどね。

田中裕二:もしかしたら、ある事務所の罠かもしれないですよ(笑)

太田光:ああ、なるほど(笑)

田中裕二:まあ、頑張ってやっていきたいということでございまして。

【関連記事】
爆笑問題・太田、「ビートたけしは死にました」発言の裏側を明かす「局の上から下まで謝罪させられた」

爆笑問題・太田、ニッポン放送での「たけしは死にました」発言騒動で東国原英夫に感じていた恩

伊集院光が語る「爆笑問題と浅草キッドの確執」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,ビートたけし,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題、芸能界を干されるきっかけとなった元マネージャーとの事務所独立の裏側

前の記事:爆笑問題・太田、デビュー当時の自分の番組出演する様子に「あんなのテレビ出ちゃダメですよ」