TOPしくじり先生 ≫ オリラジ中田、番組が終了する予兆について解説「タイトルと内容が全く異なるなど」

オリラジ中田、番組が終了する予兆について解説「タイトルと内容が全く異なるなど」

2014.10.04 (Sat)
2014年10月2日放送のテレビ朝日系の番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎週木 24:15 - 25:45)にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオ・中田敦彦が、デビュー当初からレギュラー10本を抱えながら、たった3年で全てを失った経過について語っていた。その中で、番組が終了する予兆について解説していた。

オリエンタルラジオ 全国漫才ライブツアー 才
オリエンタルラジオ 全国漫才ライブツアー 才(ザイ) [DVD]

中田敦彦:この番組がレギュラーになって、初回、と。めでたい回ということで、ご祝儀的な意味で、次の言葉を差し上げたいと思います。…「レッスン 番組の終わり方」です。

澤部佑:おい!怖いタイトル(笑)

菊地亜美:不謹慎!

中田敦彦:不謹慎だからって、葬式のやり方を知らなかったら、ダメでしょ。終わり方が大事なんですよ。

吉村崇:なるほど(笑)

中田敦彦:いいですか、皆さん。タレントさんですから、終わる時には、色々と周りが動くんですよ。

若林正恭:はい。

中田敦彦:終わる時に、色々と大変なことをやってるのは、スタッフさんですから。それを我々は、「どうやって番組は終わるのか」ということを知らなければいけないと思うんですね。

1) 視聴者が観ていない「無反応期」


中田敦彦:まず、無反応期。

澤部佑:無反応期?無反応期って何?

中田敦彦:「どうやら、俺のやってるゴールデンの番組、誰も観てないらしい」っていう状態ですね。何の反響もない時ですね。

澤部佑:ええ?!

中田敦彦:たしかに放送はしている。だけど、何の反響もない。これが無反応期です。これは、数字では出るんですよ。何%って。でも、難しいですよね。裏番組との兼ね合いや、占拠率とか。

藤森慎吾:うん。

中田敦彦:これ、リアリティがないんですよ。そんなとき、「無反応なんじゃないかな」って思ったら、どこに行けばいいかというと、「ジムに行けば良い」んです。

澤部佑:なんで?

中田敦彦:今のジムって、ルームランナーあるじゃないですか。あそこ、必ずテレビモニターが付いてるんですよ。

若林正恭:はい、はい。

中田敦彦:走ってる辛さを紛らわすために、テレビという娯楽を選んでいるわけですよ。そこ行ってみてください。本当の視聴率が分かりますから。

澤部佑:ああ~

中田敦彦:僕、実際に見たんですよ。走って、「はっ」って気づいたら、「あれ?誰も俺の番組、観てないな」って思ったんです。その時に分かりました。「はは~ん。終わるなぁ」と。

若林正恭:でも、分かる。ジムで出てるのショックだよね。あと、サウナで春日がトゥースってやったら、おじさんが2人出てった時があった。ちょっと怖いね。

澤部佑:トゥース離れがね(笑)

2) 視聴率回復を目指す「テコ入れ期」


中田敦彦:次に、テコ入れ期ですね。テコ入れ期は、
・番組の企画が定まらない。
・旬の人が急にレギュラーになる。
・当初予定していたタイトルと、番組内容が違う。
・いっぱいスタジオで喋ったが、放送を観たらVTRだけだった。

みたいなことがあります。

若林正恭:あと、オネエが急に増える時あるよね。怖いなぁ、アレ。

中田敦彦:元気を出すためにね(笑)「背負投げ!」とか言って、盛り上げてくれますから。

吉村崇:特定なオネエじゃねぇか、それ(笑)

中田敦彦:こうした厳しい時期があります。

若林正恭:テコ入れ期が始まったら、挽回は無理なの?

中田敦彦:テコ入れして、上手く行くケースもあります。

吉村崇:オリラジの時は、テコ入れして上手く行ったときはあったの?

中田敦彦:う~ん…僕らはなかった。

吉村崇:はっはっはっ(笑)

【関連記事】
オリラジ中田、レギュラー番組を全て失った"天狗になる恐ろしさ"を解説「天狗に自覚症状はない」

オリラジ中田、人をバカにした報いは倍返しされると力説「先輩・後輩・同期、誰のことも侮るな」

オリラジ中田、負けてからこそ大きな夢を語るべきと力説「負けてから、ビッグマウスになる勇気」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オリエンタルラジオ,中田敦彦,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  しくじり先生
次の記事:おぎやはぎ矢作、バイきんぐ小峠と坂口杏里の手つなぎデート報道に「喜ばしい。夢がある話」

前の記事:オリラジ中田、レギュラー番組を全て失った"天狗になる恐ろしさ"を解説「天狗に自覚症状はない」