TOP雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! ≫ 雨上がり決死隊が目指す芸能人

雨上がり決死隊が目指す芸能人

2009.07.23 (Thu)
天然 板東英二のゆでたまご伝説2009年07月22日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、雨上がり決死隊が目指す芸能人について語られていた。話の発端は、46年ぶりとなる皆既日食で沸いた日本に関連して、『27年後の雨上がり決死隊は、どうなっている?』というメールテーマだった。

「26年後、雨上がり決死隊のお二人は、はんにゃ司会の『はんにゃトーーク!』で『あの時、偉大だった芸人特集』で呼ばれていると思います」といったメールがリスナーから送られてきていた。そこで、宮迫は『あのとき、ってことだから、その時はもう、偉大ではなくなっているってことなんだな…』と寂しげに語っていた。

「26年後ってことは、67歳か…その年齢だと、タモさん…いや、そんなに(年齢)いってないか。萩本欽一さんとかか。坂田師匠は、ちょい下くらいか。仁鶴師匠は、70歳いってるかもしれない。仁鶴師匠だったら、ずーっと偉大だ」

「でも、俺らは偉大な芸人になんか、なれない。そんな威厳なんか、全く無いし」と語っていた。そこから、雨上がり決死隊が考える、彼らにとっての理想の芸能人について以下のように語っていた。

「60歳を越えても、リーズナブルでいないと。リーズナブル代表でないと」と、雨上がり決死隊のあるべきスタンスについて語り始めた。

「我々が目指すべきは、板東英二さんですよ。他の人の番組、バンバン出てね。目指すべきは、板東さんです。『何にでも出演しますよ』って感じでないと。板東さんは、ちょうど67歳くらいじゃないだろうか」

「凄いですよ、板東さん。あの年齢で、若いお姉ちゃんと地方ロケに行っていた。『安い物好きの神様』みたいな格好して。恵比寿様みたいな格好で、全く面白くないメイク。そんな格好しているのに、ニコニコしてロケしていた板東さんが、面白かった」

「あそこ(板東英二)を目指さないと」と、雨上がり決死隊が目指す芸能人のタイプについて語られていた。

【関連記事】
世界のナベアツ、CMのギャラに不満

雨上がり決死隊「アメトーーク!で学んだこと」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!
次の記事:ナイナイ岡村 「お笑い芸人の芸歴が混乱する理由」

前の記事:爆笑問題・太田の妻、木村拓哉にキスを迫る