TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、他界したライバル漫才師の人生を描いた映画『ベイブルース』を語る「不思議な縁を感じる」

千原ジュニア、他界したライバル漫才師の人生を描いた映画『ベイブルース』を語る「不思議な縁を感じる」

2014.09.24 (Wed)
2014年9月23日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、10月31日に公開予定の映画『ベイブルース 25歳と364日』について語っていた。

ベイブルース 25歳と364日
ベイブルース 25歳と364日 (ヨシモトブックス)

お笑いコンビ・ベイブルースは千原ジュニアの1年先輩に当たる。将来を嘱望された漫才コンビであり、千原兄弟ともライバル関係にあった。ところが、ベイブルースの河本栄得は、25歳のときに劇症肝炎を発症し、脳出血で早過ぎる死を迎えている。河本の芸人人生を描いた『ベイブルース 25歳と364日』という小説を相方・高山知浩が書き、その原作を元に高山自身がメガホンをとり、映画を撮影したのだという。

この映画を観たジュニアは、「なんか、思うところあるけどな。俺らが知らない部分のベイブルースさんの側面もあるし」と語り、ライバルであった漫才コンビがどのような様子であったのかを改めて知ることができたと語っていた。

奇しくも、河本が亡くなった半年後、千原ジュニアも急性肝炎で倒れ、入院することとなる。ジュニアはそのことに関して「不思議な縁を感じる」と語っていた。

千原ジュニア:ベイブルースの映画(『ベイブルース 25歳と364日』)、観ましたよ。

桂三度:元・ベイブルースの高山トモヒロさんが原作の映画ね。

千原ジュニア:監督も高山さんなんやって。

桂三度:その映画が、10月末くらいに公開されるんですけど、僕らは関係者からいただいて観ました。

千原ジュニア:初めて会ったのは15歳ですけど…ベイブルースっていう1年先輩がいたんですよ。凄いスピード出世のね。在学中に賞(第10回 今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 福笑い大賞)獲ってはったんちゃう?ヘタしたら。

桂三度:うん。

山本吉貴:雨上がり(決死隊)さんと同期の。

千原ジュニア:イニシアティブをとってはる方ですよね。ボケの方。河本(栄得)さんが亡くなるんですけど。

桂三度:うん。

千原ジュニア:25歳なんやな、あの時な。

桂三度:うん。

千原ジュニア:なんか、思うところあるけどな。俺らが知らない部分のベイブルースさんの側面もあるし。

桂三度:うん。

千原ジュニア:「これ、そうやったなぁ」とかね。

桂三度:僕らは知ってるから、またグッと入れるし。でも、知らない人も、夢持ってる人、持ってない人、欲しい人…が観たら熱くなれる映画ですね。間違いないですね。

千原ジュニア:「そんな風に思ってはったんやなぁ」みたいな。

桂三度:ジュニアさんからは言いにくいけど…ベイブルースさんっていうコンビと千原兄弟はライバルやったんですよ。お互い、切磋琢磨して、みたいな。その映画でも、その部分が描かれてて。「ああ、そうやったんや」っていう。

山本吉貴:そういう時に、「こう思ってはったんか」っていうね。

桂三度:それは、芸人さんでなくても、自分の人生に照らし合わせることができるんですよ。そんな特殊なライバル関係っていうのはないかもしれませんけど、置かれてる状況とかね。…ただ、僕らよりはジュニアさんが響くところが多いでしょうね。

千原ジュニア:そうやなぁ…

桂三度:その後、ジュニアさんは生死の境を彷徨うわけやから…

千原ジュニア:奇しくも、その半年後に、診断としては同じく急性肝炎で運ばれてね。

桂三度:ほう。

千原ジュニア:ほんで、河本さんはコンビでベイブルースっていうくらいですから、ずっと野球をやってこられて。体力が変にあったから。めちゃくちゃしんどいけど、病院にも行かず。

桂三度:うん。

千原ジュニア:ずっと仕事して。「さすがにもう無理や」って倒れた時には、頑張りすぎて手遅れ、みたいな。

桂三度:うん。

千原ジュニア:俺もその半年後に、『すんげー!Best10』の1回目の司会終わって、「また来週!」って言って倒れて。そのまま病院に運ばれて。

桂三度:うん。

千原ジュニア:俺は中学も行ってないし、クラブ活動もしてないから。体力ないから。だからすぐに倒れて運ばれたから、そこまで酷くならずに済んで。

桂三度:うん。

千原ジュニア:不思議な縁を感じますけど。

桂三度:『すんげー!Best10』の思い出っていったら、やっぱりそれやな。ジュニアさんが倒れて。それで、何も知識ないから、ふら~と病院行って。グレープフルーツジュースみたいなん買って行って。多分、飲ましたらアカンかったんやけど、「ジュースあるで」って(笑)それで、ハムスターみたいに飲んでたな(笑)

山本吉貴:はっはっはっ(笑)

桂三度:可愛いなぁって(笑)

【関連記事】
千原ジュニア、後輩芸人が7年間も相方に妻子がいることを黙っていたことに驚き「吉本の社員で…」

千原ジュニア、『こんなところに日本人』モロッコのロケで死を覚悟「炎天下にベランダに締め出され」

千原ジュニア、手術後に鼻から大出血していた「舞台上では止まる不思議」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,ベイブルース,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:千原ジュニア、急性肝炎で生死の境を彷徨った体験を語る「黄疸でパジャマも黄色く染まる」

前の記事:千原ジュニア、大久保佳代子との結婚を勧められる「日本国中が応援するカップル」