TOPよしログ ≫ くまだまさし、オール巨人・桂文珍の2人にネタを評価されていた「アンタには敵わん」

くまだまさし、オール巨人・桂文珍の2人にネタを評価されていた「アンタには敵わん」

2014.09.16 (Tue)
2014年8月23日公開開始のネット動画番組『よしログ』にて、お笑い芸人・あべこうじが、同じくピン芸人のくまだまさしの芸が、大御所芸人2人に評価されていた、と明かしていた。

キュートンDVD
キュートンDVD

くまだまさしは、大師匠であっても1週間前後で入れ替わるにも関わらず、NGK(なんばグランド花月)に16日連続出演したこともあるという。だが、そのネタを披露する上で、舞台で犯してはいけないとある"タブー"を犯してしまったそうだ。

その"タブー"とは、出演の予定時間を守らず、長引かせてしまったことだった。予定では10分の出演時間のはずが、18分にも及んでしまった。

出演が終わり、袖に引き返すとそこには、オール巨人がいた。オール巨人は、非常に厳しい人物であり、特に若手芸人から恐れられていた。くまだまさしも「怒られるのではないか」と、ビクビクしていたそうだ。

しかし、巨人師匠は、「あれだけウケていたら(出演時間が延長しても)仕方がない」と言い、くまだは怒られずに済んだという。さらに、舞台袖には桂文珍がいた。

オール巨人には怒られずに難を逃れたが、桂文珍には怒られるのではないか、と覚悟したところ、「アンタには敵わん」と、逆に褒められてしまったという。

R-1グランプリでは、いつも2回戦止まりであるというが、大御所芸人2人に評価されるという、芸人としては大変嬉しい出来事となったようだ。

【関連記事】
有吉弘行、オール巨人に弟子入りした際の"圧迫面接"を語る「今だったらオシッコちびる」

有吉弘行「師匠・オール巨人との関係」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : くまだまさし,オール巨人,桂文珍,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  よしログ
次の記事:石田純一、「不倫は文化」発言で収入ゼロからの大逆転「年収は1~2億円」

前の記事:ほっしゃん。がボランティアの現場で遭遇した迷惑なリーダー気取りの人物