TOP雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! ≫ 雨上がり・宮迫を思い切りスベらせた出川哲朗

雨上がり・宮迫を思い切りスベらせた出川哲朗

2009.07.16 (Thu)
クイック・ジャパン79 (Vol.79)2009年07月15日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、雨上がり決死隊の二人がインターネット番組「出川哲朗の俺をおいしくしろ!」にゲスト出演したことを明らかにしていた。

「(アメトーーク!)DVDの宣伝で出させてもらった。最初から最後まで、出川さん全開だった」と宮迫は話していた。「ずーっと噛んでいた。2分に一回、いや、1分に一回は噛んでいた」と、出川のトークがカミカミであることを話していた。

宮迫は「出川さんは、俺のことをイジりたがる。アメトーーク!とかでもイジられる。でも、イジられて、一回もウケたことがない。笑いになれば、いくらでもイジってもらって良いんですけど…」と、出川にイジられて困っている、と語っていた。

公開収録にて、「ファッションをイジられることもあった。ベストを着ていたときに、『何、このベスト』とイジられるけど、ちっとも面白くない。なぜなら、普通のベストだから。その上、面白いたとえが、一つも出てこなかった」といったことがあった、とその具体例について話していた。

「さらに、嘘までつかれた。『コートの襟を立てて、手を少しあげただけの挨拶された』とか言われたけど、まるっきりの嘘。俺、コートらしいコート、一つももってないし。先輩に、そんな失礼な挨拶をするわけがない」と宮迫は語った。

さらに、出川について以下のようなことがあったそうだ。

蛍原も、「宮迫さんは、触られ損になる。アメトーーク!でも、『この間、飲みに行って…あっ、この話、言っちゃダメか』とか言い出す。スタジオはものすごい変な空気になる。それで、収録が中断したときに『宮迫、ごめん』と謝っている出川さんを見る。そういうことは多い」と証言していた。

「俺がウドちゃんと、出川さんと3人で飲んでいたときがあった。いつもは強気なキャラな俺(宮迫)だけど、そのときは気分的に落ち込んでいた。それで、ウドちゃんに仕事のことで弱気にも相談していたことがあった。それで、そのことを出川さんに話されたことがあった」

「意外な一面があって、ウドちゃんも親身になって相談にのってくれたって、そういう"良い話"でまとめればいいものを、出川さんは『そんな弱気にみせていたけど、結局はドラマ出演が決まった、映画出演が決まったって、自慢話をしていた』なんてオチにしていた。でも、俺はそんな話を一個もしていない。ウソなんだよね」と、出川のトークには、かなりウソが追加されていたと話していた。

「もう、もの凄い下手な奴に犯された感じ。ヤるんなら、全部やって欲しい」と、出川にイジられるのは勘弁して欲しい様子で、宮迫は語っていた。

【関連記事】
ジャリズム山下、松本人志・結婚式披露宴の時間を止める

雨上がり・蛍原「アメトーークでは、ボケるの禁止されている」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!
次の記事:お約束を無視する出川哲朗

前の記事:爆笑問題・太田「安倍なつみに、パクリと言えなかった」