TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、おのののかと2人MC番組に出演「MCを狙うおのののかの凄い向上心」

千原ジュニア、おのののかと2人MC番組に出演「MCを狙うおのののかの凄い向上心」

2014.09.03 (Wed)
2014年9月2日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、12日にフジテレビ系で放送予定の『史上最大の禁じ手対決ショー 勝ちたいんや!』(19:00-19:55)に出演したと語っていた。

おのののか「新・癒しの女神」


番組では、出演者はジュニアとグラビアアイドル・おのののか。他はアナウンサーも出演するが、実質上、この2人のMCの番組となっている。

番組内容としては、「禁じ手を使って、本当に勝負に勝てるのかどうか」ということがテーマとなっており、ラーメン学校でノウハウを叩きこまれた生徒が、講師も務めるキャリア15年の人気ラーメン屋の店主に勝てるのかどうか、といったVTRを紹介する内容となっているようだ。

番組宣伝でおのののかは、「禁じ手を使って、できることならMCをやりたい」と今後の夢を語っており、ジュニアは「凄いね、向上心が。おのののかの向上心」と語っていた。

千原ジュニア:おのさんと、一昨日、一緒でしたね。

おのののか:そうでしたね。

千原ジュニア:2人で。

おのののか:2人だったから、凄い緊張して。あと、アナウンサーの方はいましたけど。

桂三度:どういった番組で?

千原ジュニア:禁じ手を使って勝負を挑んで、どっちが勝つか、みたいな。たとえば15年人気ラーメン店を開かれているラーメン屋の大将と、ラーメン学校で15日間、人気ラーメン店のノウハウを教えてもらった、学校を卒業したばっかりの生徒が、15年ずっとやってはる大将…大将自体も学校の講師なんで、ある種、師匠と戦って、50人にそのラーメンを食べさせて、どっちが美味しいか、っていう。

桂三度:ほう。

千原ジュニア:あとは、アマチュアの相撲力士のチャンピオン。小学生くらいのときに、貴乃花に相撲で勝った、みたいな俺と同い年くらいのアマチュア力士の方に、東大生の相撲部、6~7人しかいないらしいねんけど、その中の細い、細い子が、数学とかで割り出して…

おのののか:それで自分で禁じ手を作って勝てるか、みたいな。

千原ジュニア:トランポリンをずっとその力士に飛んでもらうんですよ。ほんなら、錯覚をおこして、エスカレーター止まってるときに、変な感じになるやん?あの感覚になんねんって。それで、相撲をとってみる、とか。VTRが中心ですけど、番組のメインMCですよ。

おのののか:いやぁ、私はゲストで。

千原ジュニア:いやいや。その後も、ちょっとした番宣番組で、「夢は禁じ手を使って…」みたいなことを言ってて。凄いね、向上心が。おのののかの向上心。

おのののか:え?

千原ジュニア:テレビに出て、パネラーとかで出続けたいのかなって思ったら、ちゃうねん。

桂三度:ん?

千原ジュニア:MCしたいねん。

おのののか:言っておく分には良いじゃないですか(笑)夢ですよ、夢。

桂三度:凄いな。"すごごごごい"やんか。

千原ジュニア:そうですね(笑)

おのののか:初めて2人でやるって番組だから、最初、凄い緊張して。どうやってやっていけば良いんだろうって。

千原ジュニア:不思議なスタジオでしたね。

おのののか:CGで、ブルーバックの前でやるんですけど。

篠崎愛:へぇ。

千原ジュニア:楽屋もホンマに布切れ一枚みたいな。急遽張ってくれた、みたいな。丸聞こえでしたもんね。

桂三度:そういう…言うたら、安い楽屋でいることで、野心がね(笑)もっと固執するように(笑)

千原ジュニア:TMCの一階の、たけしさんとかがいるあそこに(笑)

おのののか:ふふ(笑)番組、やりましたね。

桂三度:緊張しました?

おのののか:でも、ラジオを今、一緒にやらせていただいているから、「初めまして」の方とかよりは、楽に。

千原ジュニア:知ってるから、こっちも楽やし。

桂三度:うん。

おのののか:それは本当にありがたかったですね。

桂三度:何点やったんですか?収録は、自分的に。

千原ジュニア:まず、俺は何点やった?

おのののか:私が点数つけるんですか?どんな立場ですか?(笑)

千原ジュニア:ええやんか。

おのののか:まあ…どうですかね。95点。

千原ジュニア:おお!5点、足らなかった部分はどこですかね。

おのののか:5点は、カンペ読み過ぎ、みたいな感じですかね(笑)

山本吉貴:厳しい(笑)

桂三度:読み込んで来い、と(笑)

おのののか:下向いてたから(笑)…ウソです、ごめんなさい(笑)

千原ジュニア:本人としては、何点やったん?

おのののか:私は…40点ですかね。

千原ジュニア:厳しいな。60点いかないなんて。

おのののか:挙動不審だった気がするんです。緊張し過ぎて。

千原ジュニア:そんなイメージ、全くなかったけどね。

桂三度:鏡見たりするんですか?「今日、お前は100点とる…今日、お前は100点とる…」とか言いながら(笑)

おのののか:一日頑張った自分に、帰って「おつかれ」って言いますね(笑)

千原ジュニア:今、『真相』ってめっちゃ分厚いマイク・タイソンの自伝が出てるんですけど、やってることタイソンと一緒ですね(笑)

山本吉貴:世界獲りますよ(笑)

【関連記事】
千原ジュニア、おのののか・篠崎愛の仕事への手抜きに説教「関西のラジオ・芸人を舐めくさってる」

ロンブー淳、グラドル・おのののかを全力で推す「おのののかは1位でしょ」

南キャン山里、バラエティでの活躍が光る おのののかを絶賛「コメントが上手い」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,おのののか,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:千原ジュニア、尾木ママに噛み付いたたむらけんじの言葉に引っ掛かる「なんでそこで外野って…」

前の記事:千原ジュニア、『若者たち2014』を酷評するライターを批判「視聴率を確認してから書くな」