TOPアメトーーク ≫ 東野幸治、『アメトーーク!』で千鳥に関西への出戻りを勧告?「帰ろか…千鳥」

東野幸治、『アメトーーク!』で千鳥に関西への出戻りを勧告?「帰ろか…千鳥」

2014.08.31 (Sun)
9月4日放送のテレビ朝日系の番組『アメトーーク!』(毎週木 23:15-24:15)にて、お笑い芸人・東野幸治が、「帰ろか…千鳥」という企画をプレゼンし、放送されることとなった。

アメトーーク! DVD 25
アメトーーク! DVD 25

詳細は不明であるが、千鳥へ「大阪を活動の拠点にするように戻そう」と提案する内容ではないだろうか。千鳥といえば、上京してフジテレビ系の番組『ピカルの定理』レギュラーとして華々しい活躍をしていたが、その同番組終了後のテレビでの露出は明らかに減っている。ノブも「ノブ小池」と改名するが、それほど認知も話題にもなっていない。東京での活躍がこれ以上望めないため、関西を拠点の中心に戻そう、という提案を行う番組内容になるのではないか、とかんがえられる。

東野の『アメトーーク!』持ち込み企画といえば、「どうした!?品川」が記憶に新しい。尖っていた品川が、映画監督としても活躍し、文化人を気取っているのではないか、あの当時のギラギラした品川にカムバックして欲しい、と提案しており、大きな反響を呼んだ。

今回の「帰ろか…千鳥」という企画も、まだ東京で活動している千鳥に「関西出戻りすべき」と通達するという、再び注目を集めそうな内容となっている。東野の脇を固めるのは、フットボールアワー・後藤輝基、麒麟・川島明、笑い飯・西田幸治など関西時代の千鳥を知るメンバーであり、厳しい宣告をさらに後押ししそうだ。

上手く「関西への出戻り」を遂げた芸人として、千原ジュニア、ケンドーコバヤシは以前、日本テレビ系の番組『にけつッ!!』で、たむらけんじを挙げていた。「東京で顔だけ売って戻った。…1つの芸人の理想型」「東京で仕事してる時は、素っ裸で獅子舞でやってて。大阪では、全然違う。好青年ですから。学校のクラブ活動の感動を伝えるレポーターとかやってますからね」と語っていた。

東京で知名度だけ挙げて、仕事が少なくなってきたら関西に戻り、仕事を手に入れる、という方式をとっている芸人もいるという。決してそれは敗走などではなく、1つの芸人としての戦略である…ということを千鳥に東野は提案するのかもしれない。

【関連記事】
千原ジュニアが語る、たむらけんじの大阪にひっそりと帰った近況「東京とは全く違う顔」

オードリー若林、『アメトーーク!』で人見知り芸人の改善を検証「知り合いが多くなっただけで治ってない」

加藤浩次、『アメトーーク!』で中堅芸人がウケない理由を分析「前に出ようとすると、あさましいと思われる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 東野幸治,千鳥,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アメトーーク
次の記事:唐沢寿明、小ボケ連発でついに森泉から「面倒くさい」

前の記事:東野幸治、行方不明となった父との再会と死別「病室から『東野幸治を呼べ』」