TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「めちゃイケとスッキリ!!の狭間で悩む」

加藤浩次 「めちゃイケとスッキリ!!の狭間で悩む」

2009.06.20 (Sat)
2009年06月19日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤が色とり忍者のコーナーにて、女子大生たちに罵声を浴びせさせられ、その上で荒縄により何度も打ち付けられたと話していた。

加藤浩次 「めちゃイケで女子大生に罵倒される」

「20人ぐらいがズカズカと入ってきたんだよ。『いいでござるか?』とか言うと、女子大生どもが大声で『大丈夫!』とか言うんだよ。そうしたら、俺は段々とイライラしてきちゃってさ」と、加藤は話し始めた。

「『なんだ、このやろう』って言ったら、嘘だろってくらいに罵声を浴びせさせるんだよ。40歳のオヤジに。東大と早稲田の女子大生とかもいるんだぜ。それらのに、いちいち罵声を浴びせるんだよ」と次第にイラついていったことを加藤は話していた。

「『うるせぇんだよ。この、ションベン臭いガキが!』って言ったら、『何よ~お前、何言ってるのかわかんねぇんだよ。声しゃがれてて、6割何言ってるかわかんないんだよ!』『お前、口クサイんだよ!』って次から次へ罵声を浴びせさせられた」と話していた。


加藤浩次 「20人の女子大生に囲まれて、ボコボコにされた」

「(罰ゲームで)倒れてたら、女子大生どもが『大げさなんだよ!』って言い出してさ。ガキどもに。それで、俺もキレて。『謝れよ!』って女どもに言われたから、土下座をするフリをして、飛びかかってやったよ。それで、粉の中にたたき込んでやった。粉まみれにしてやったよ。蹴りで顔面にガンガン粉をかけてやった」と話していた。

「でも、疲れてて、次の女を粉の中に投げ入れたら、反動で俺も倒れちゃったんだよ。そうしたら、粉まみれの女が、綱引きの綱を使ってガンガン俺をたたき出したんだよ」と話していた。

「やっぱり、遠慮があったのか、俺を横から綱で叩いていたんだよ。で、それを見た明松ディレクターが、『上から思いっきり叩くんだよ!』って言い出した。今まで見方だと思っていたディレクターが、俺を思いっきり叩けって言い出してさ。そっからは、もうSMの世界だよ」と話していた。


こうした、とてもツライ現場の仕事があった後、加藤はスッキリ!!を控えており、日テレに向かうことになっていたそうだ。

「収録終わったのが、午前2時半。フジテレビでシャワー浴びて、そのまま日テレに行った。その流れで打ち合わせして、朝8時から『おはようございます』って爽やかに言ってさ…もう、切り替えできねぇよ!」と加藤は話していた。

また、スッキリ!!をやっていて、以下のような違和感を感じていたそうだ。

「何だ?俺って、何だろうって思った。さっきまで、女子大生に荒縄で叩かれててさ…もう、俺は何をやってるんだろうって思った」と、生放送中の現場でそう思っていたそうだ。

「番組中、女の水虫とかについての特集があって。それで、女の水虫について話しているんだよ。何で、話しているんだろうって、正直思う。『大変ですね』とかね。そんな話をしちゃってる」と話していた。

ちなみに、ゲスト出演していたよゐこ・濱口は「ボコボコでしたね…心中お察しいたします。加藤さんは、小声で『もうヤだよ…こんなの、ヤだよ…。もう、本当にイヤだよ…』と話していた」と明かしていた。

さらに、「めちゃイケの収録中、中には声を張れない女の子もいた。そういう子は小声で『ジジィ…ジジィ…』って言っていた。もう、怖くてそっちは向けなかった」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次 「めちゃイケで女子大生に罵倒される」

加藤浩次 「20人の女子大生に囲まれて、ボコボコにされた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:よゐこ・濱口 「パソコン3台をダメにした理由」

前の記事:加藤浩次 「20人の女子大生に囲まれて、ボコボコにされた」