TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン日村、ライブ最終日のオープニングで泣き出していたと告白「泣き続けてライブやるのかと」

バナナマン日村、ライブ最終日のオープニングで泣き出していたと告白「泣き続けてライブやるのかと」

2014.08.15 (Fri)
2014年8月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が、7月31日から4日間に渡って開催された「バナナマンライブ2014 "LOVE is GOLD"」で、千秋楽の1つのネタが終わったオープニング中に、泣き出してしまったことを明かしていた。

イロドリヒムラ


千秋楽であり、大変ではあるが楽しかったライブが終わることに寂しくなった日村は、設楽とともに大声を出しあうというコントということもあり、感情が高ぶってそのネタが終わった直後、オープニング曲が始まったところで泣き出してしまったという。

「オープニングでこんなに泣いて、俺ずっと泣きながらネタやるのかな、と」いう心配までしてしまった、と日村は語っていた。

同じライブは二度とやらない、これで終わりだということを考えつつ、いつもライブの千秋楽では、寂しさを感じながら舞台上で演じている、と日村はライブ中の心境を語った。

日村勇紀:ちょっと感動系のネタも多かった気がするかな。

設楽統:あ~、なんかちょっと。

日村勇紀:切ない。

設楽統:切ない感じはあった。

日村勇紀:多いよね。

設楽統:ヒムドンでしょ!?

日村勇紀:ヒムドン!?

設楽統:ヒムドン、すごいよ。

日村勇紀:俺も言われる。「ヒムドン、いいですね」って。すごい感動しますね。

設楽統:ヒムドン!?

日村勇紀:ははは(笑)

設楽統:日村さん(笑)

日村勇紀:その返しいいね(笑)ヒムドン!?何それ!?(笑)

設楽統:ははは(笑)

日村勇紀:あの瞬間だけいない、という俺ら(笑)なるほど、粋だね。

設楽統:わからないけど(笑)

日村勇紀:それいいかもしれないね。本当にそれはちょっと、そういう設定でしてあげておいたほうが…本当にある世界にしてあげると、いいかもしれないね。

設楽統:ちょっと悲しいというか、切ない感じで泣いたと言われて。

日村勇紀:そう、そう。ラストのネタは好き。

設楽統:日村さんが最後の日かな、途中でネタとネタの間に帰ってきて、どこらへん?最初のほうの途中で…ネタ終わった後だったかな?「やばいやばい、泣きそう。泣くの?俺泣くのか?」って言ってたじゃない。

日村勇紀:そうそう。千秋楽のオープニングのコント、約5分くらいのコントですかね。「ワァ~」って、ただ大声を出す系の。

設楽統:ただ「ワァ~」って言うんだよね。

日村勇紀:ただ「ワァ~」っていう(笑)そこは絶妙な掛け合い(笑)

設楽統:ははは(笑)

日村勇紀:笑いがあって、ドンと終ってオープニングに入るじゃないですか。

設楽統:うん。

日村勇紀:そこで着替えてた時に、ハア、ハア言っているんだけど、最後泣いていたというか、もう…

設楽統:ははは(笑)

日村勇紀:マジマジ。

設楽統:何でだろう!?

日村勇紀:わからない。オープニング曲が流れて、今回は作っていただいて。パスピエの曲。なんかブルブルッてなって、「やばいやばい、すごい泣いちゃう」と思って、というか泣いていたんだけど。

設楽統:なんでなんで?

日村勇紀:こんなことないんだよね、今まで。

設楽統:うん。言っていたよね。

日村勇紀:そう。オープニングでこんなに泣いて、俺ずっと泣きながらネタやるのかな、と。

設楽統:そんな人いる(笑)

日村勇紀:ははは(笑)

設楽統:そんな人いる!?見せる側の人で「ずっと泣いちゃいそう、泣いちゃいそう」っていう人いる!?

日村勇紀:いない。

設楽統:なんでそんな悲しいわけではないのに。

日村勇紀:悲しいわけではないのに。

設楽統:感極まった!?

日村勇紀:ちょっと極まっちゃって、曲もあったのかもしれないその瞬間に。すごいなんか。

設楽統:もうおわっちゃうみたいなこと?

日村勇紀:終っちゃうだね、一番強いのは。。

設楽統:そっち?

日村勇紀:うん。「終っちゃうな」

設楽統:11~。

日村勇紀:なんとなく初日は緊張の中に始まって。2日目は、よっしゃ昨日より頑張ろう。三日目もそんな感じだけど、最後になるとやっぱり「これで次にやったらもう終わりなんだ」と。

設楽統:そう。

日村勇紀:もうやることほぼないんだよね、ネタってやっぱり。

設楽統:最後の、最後の日ってバーッて作っていて、アッという間にもう4日間くらいだから終っちゃうんだよね。

日村勇紀:そう。

設楽統:それでやる可能性はないことはないけれど、でもあの流れで、あのネタでああいう感じでというのは、もうあのライブ自体をまるまる再現というのは俺らはやったことがないから。

日村勇紀:そうそうそう。

設楽統:多分、もうやらないんだよね。

日村勇紀:やらない。

設楽統:そうなると1個終るともうこれやらないのかなとかは思う。

日村勇紀:思っちゃう。

設楽統:2個目やって3個目やって、1個1個はやる可能性はあるんだけどね。

日村勇紀:うんうんうん。

設楽統:そうすると千秋楽は、どんどんやったものをやっている最中に片付けていくんだよね。

日村勇紀:終らせていくしかないんだよね。

設楽統:あの衣装とか。

日村勇紀:衣装もそう。

設楽統:道具とかをついているスタッフの人が片付けも同時進行でやらないとだから、そこに置いてあるものもあるんだけどなんとなく。

日村勇紀:徐々になくなっていくものが。

設楽統:片付けられるものは片付けてたりしているんだよね。

日村勇紀:そう。

設楽統:「あれっ!?終るのかな!?」みたいな。

日村勇紀:だからどんどん寂しくなっていく、終わりに向かっていくということで。

設楽統:俺1回、全国ツアーの時に思ったことがあるんだよね。

日村勇紀:ああ~。

設楽統:最後の最後のネタで日村さんが台詞を言って…シュガースポットかな。

日村勇紀:シュガースポットは、10年くらい前ですよ。

設楽統:一番最初の全国ツアーを、車で回って。

日村勇紀:ラストは鹿児島。

設楽統:だからあれが一番いろいろな所に行ったでしょ、たぶん。

日村勇紀:全国9ヶ所。

設楽統:最後に東京に戻ってきて。

日村勇紀:そうだね、最後は東京。

設楽統:東京でやって、東京戻りじゃなかった、違ったかな!?

日村勇紀:そうだったかな。

設楽統:わからないけど。

日村勇紀:うん。

設楽統:とにかくもうそれの何ヶ所もやって何ステージもやっているじゃん。それの最後の最後だったかな、日村さんの台詞を聞いた瞬間に「終るんだな」と思った瞬間にちょっと切ないと。涙が出るまではいかないけどそう思うことがあった。

日村勇紀:あるよね。

設楽統:でも毎回思うけどね。ラストのネタ、千秋楽の日も「この台詞を言ったらもう俺はないな、台詞が」とは思うけど。でもオープニングでしょ、それ!?

日村勇紀:こはオープニングの話(笑)ここからネタを何本もやらないといけない中、けっこうな勢いで泣いているのよ(笑)

設楽統:暗くて見えなかったけど(笑)

日村勇紀:桜井とか衣装をやってくれたけど、気が付いていないし。ボロボロと「やばいな」と思って。鼻をすするくらいにはなっているよ。

設楽統:うん。

日村勇紀:でも「ハアハア」言っているから気が付かれていないんだけど。それで2本目やっているのよ。

設楽統:うん。それは泣かなかった。

日村勇紀:もう全然泣いていない。スッと出て行った。

設楽統:珍しいね、初めて!?

日村勇紀:初めての経験だった。それくらい好きだった、今回。

設楽統:ははは(笑)あそう(笑)

【関連記事】
バナナマン設楽、お笑いライブのチケット代は安すぎると主張「多くの労力を割いてる」

バナナマン設楽、ライブ告知でフライヤー配布をやめた理由「SNSを利用して拡散」

バナナマン、夏ライブの開催決定-多忙な設楽、前倒しでネタ作りを宣言


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,設楽統,日村勇紀,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:ウーマンラッシュアワー村本大輔、相方が丸坊主になった理由を明かす「浮気ドッキリに引っかかった」

前の記事:バナナマン設楽、今年のライブで台詞が飛んでしまったと告白「不安な初日・2日目」