TOP爆笑問題カーボーイ ≫ ホリケン結婚パーティーで、大失態をおかした爆笑問題・田中

ホリケン結婚パーティーで、大失態をおかした爆笑問題・田中

2009.06.10 (Wed)
爆笑問題のニッポンの教養 DVD-BOX (Vol.1~5)2009年06月09日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、田中が先日、一般女性と婚姻届を提出したを発表したネプチューン・堀内健の結婚パーティーに呼ばれて、出席したことを明らかにしていた。

話の発端は、田中が妻と丸の内でディナーを食べていたときのこと。「デザートが食べられないくらい、イタリアンをいっぱい食べた」と田中は語っていた。そんな時に、堀内健から電話がかかってきたそうだ。

「夜の十時くらいだった。ホリケンから『裕二さん、今なにやってるの?』という電話がかかってきた。食事をしていた、と答えると、『そうなんだ。今、俺は結婚の報告会をやってるんだ。裕二さんも奥さんと一緒に今から来てよ』と誘われた」と田中は話していた。

「それで、行くことになった。ホリケンに『恵比寿のドロンズ・石本がやっている馬刺し屋があるんだけど、そこでやってるから』と言われた。前にも行ったことがあったんだけど、あまり道を覚えていない。そうしたら、ホリケンに『近くに、黒い服の男が立ってるから』と説明された」と田中は話していた。

「それで、タクシーに奥さんとのって店まで向かった。そうしたら、段々と便意がつのってきて」と田中は話していた。「でも、そんなに切羽詰まってなかったから、店ですれば良いや、と思ってね」と語っていた。だが、この判断が以下のような最悪の展開へと繋がっていった。

「もう、近くのコンビニに停まったところで、すでにヤバイ状況になっているわけ。それで、もうコンビニで借りようってことになった。それで、レジで『すみません、トイレ貸してください』って言ったのよ。そうしたら『トイレありません』って言われちゃったんだよ」と、危うい状況について語った。

「もう、その時点でダメだったんだよ。我慢できなくて…漏らしちゃったのよ。でも、そんなに多いわけじゃない。全体の10分の1くらい。力士で言えば、十両くらい。…それで、コンビニを出たところで、また電話をかけた。黒い服の男を誘導してもらおうと思って」と、44歳にして漏らしていたことをカミングアウトしていた。

「黒い服の男が、走ってきた。よく見たら、BOOMERの伊勢なんだよ。そんなサプライズがあっても、『そういうの良いから…ウ○コもれそうなんだよ!』って言って、店まで走って言った。そして、ようやく店に着いて、みんなに挨拶するより先にトイレに駆け込んだ」と、そのときの様子を語っていた。

「トイレで思いっきりして、その後にパンツを見た。残念ながら、パンツはさよならです。それで、トイレの前で待っていた奥さんに『ごめん…さっきのコンビニでパンツ買ってきて』とお願いした。奥さんは、あきれ顔で買いに行ってくれた」と田中はそのときのことを語っていた。

【関連記事】
爆笑問題・田中の作られ方

コブクロ 「陣内離婚で受けた影響」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:ホリケンの結婚パーティーに参加した爆笑問題・田中

前の記事:芸人・TKOが一線を越えるか迷った「汚れ仕事」