TOP千原ジュニアのRPM GO!GO! ≫ 千原ジュニア、柳葉敏郎に激怒されていた過去を明かす「ちゃんとしろよ!」

千原ジュニア、柳葉敏郎に激怒されていた過去を明かす「ちゃんとしろよ!」

2014.08.03 (Sun)
2014年8月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『千原ジュニアのRPM GO!GO!』(毎週土 17:00 - 17:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、俳優・柳葉敏郎に激怒されていた過去を明かした。

HYSTERIC
HYSTERIC [DVD]

ジュニアは、瀬々敬久監督の『HYSTERIC』に出演した際、テストと本番で同じことをやると面白くなくなると監督に言われ、そこで監督に「テストと本番では、違うことをやってくれ」と命じられたという。

その指示もあってか、映画『HYSTERIC』では高評価を得ることができたそうだ。その後、バイク事故で休業を余儀なくされたが、ジュニアは復帰し、再び瀬々監督作品に出演することができたという。

そこで、柳葉敏郎と共演することとなったが、瀬々監督は再び「テストと本番で異なることをして欲しい」と指示されたそうだ。だが、そのことは柳葉に伝わっていなかったということで、柳葉に「ちゃんとしろよ!テストと本番でなんで違うことするんだよ!」と激怒されてしまったという。

「実は…」と監督の指示であることをジュニアは弁解したが、監督は「そんなこと言ったかな?」というようなとぼけた表情であった、と語っていた。

千原ジュニア:瀬々敬久さんっていう監督の『HYSTERIC』って映画をやらせてもうたんですよ。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:ほんなら、その映画で主演男優賞をいただいたり。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:その瀬監督曰く、「ジュニア君は本番、全然オモンない。テストが一番良い」って。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:芸人なんやな。一発しかでけへんねん。テストは面白いけど、次、本番で同じことやったらダメで。役者さんは、何度もやればやるほど良くなるけど。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:「ジュニアくんは、一発目が一番良いから、全部、テストと違うことやれ」って。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:その結果、監督が笑ってもうて、声入ってもうてNGとかもあって。

中村岳人:はい(笑)

千原ジュニア:そんなことでずっとやったわけ。そしたら、それが見抜いてくれはった監督は素晴らしいんでしょうね。それで、そんな賞を頂いたりとか。

中村岳人:凄いですね。

千原ジュニア:その後に事故って。復帰させてもうて、ほんならまたその瀬々監督が、今度哀川翔さんが企画した映画(『RUSH!』)の監督をするってことで、呼んでくれはって。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:「ジュニア君、またやろう」って。ほんで、俺と柳葉敏郎さんが一緒になるシーンが多かったんですけど。「じゃあ、ジュニア君。あの感じでね」って。一本、主演でガッツリ撮ってますから。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:「分かりました」って。それでテストやる。本番、また全然違うことやる。テスト、本番また違うことやる、テスト、本番また違うことやる…ってやってたら、柳葉敏郎さんが「ちゃんとやれよ!テストと全然違うじゃねぇかよ」って(笑)

中村岳人:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:めっちゃ怒られて。そらそうやな。柳葉さんにしてみれば。テストと全然違うことを本番でやってきよるから。「なにやってんだよ、この野郎!」って。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:「怒りはるのは分かります。でも、違うんですよ。俺と監督のやり方で…ねぇ、監督。テストと本番で違うことやれって言われたの、監督ですもんね」って監督に言うたら、「お前、テストと同じことやれよ」って感じの顔をしてんねん。

中村岳人:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:なんやそれ(笑)こういうことってあるよね(笑)言うといてよって(笑)

【関連記事】
千原ジュニア、杉本哲太に「何て失礼なヤツ」と思われていたと告白

千原ジュニア、TOKIO松岡昌宏に謝りたいことがあると告白「気さくに話しかけてくれたのに人見知り」

千原ジュニア、『ロンハー』企画で大久保佳代子の誕生会に駆けつけ大きく株を上げていた


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,柳葉敏郎,瀬々敬久,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  千原ジュニアのRPM GO!GO!
次の記事:千原ジュニア、『すべらない話』のDVDギャラが驚くほど少なく「会社に文句を言った」

前の記事:千原ジュニア、杉本哲太に「何て失礼なヤツ」と思われていたと告白