TOPよしログ ≫ 『ナカイの窓』直前に中居正広ら3人に立て続けの激励を受けた芸人が感動

『ナカイの窓』直前に中居正広ら3人に立て続けの激励を受けた芸人が感動

2014.07.27 (Sun)
2014年7月21日公開となった『よしログ』に、お笑いコンビ・ゆったり感の江崎峰史、中村英将が出演し、江崎が日本テレビ系の番組『ナカイの窓』の本番前にあった出来事について語っていた。

白い影 その物語のはじまりと命の記憶
白い影 その物語のはじまりと命の記憶 [DVD]

江崎が「ギャグ芸人」として出演することになり、出番前に緊張してトイレに行ったところ、お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史も入ってきた。そこで「今日、よろしくお願いします。ゆったり感の江崎と申します…緊張します」と挨拶したそうだ。

すると藤本は「なんも緊張することあらへん。なんかヤバイことあったら、俺らに任せとけ」と言ってそのまま出ていった。その直後、個室の扉が開き、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が「カッコイイものを見せていただきました。…頑張れ」と言って出て行った。

さらにその直後、SMAP・中居正広がトイレにやってきた。「ゆったり感・江崎です」と名乗ったところ、親指を立てて「頑張れよ」と一言だけ激励したそうだ。

立て続けに3人励まされたことで、江崎は一気に緊張が解け、笑いをとることができた、と語っていた。

【関連記事】
南キャン山里、SMAP中居正広の緻密に計算されたバラエティでの振る舞い

SMAP中居正広が語る、とんねるずの『ザ・ベストテン』に打ち勝った凄さ

中居正広「トークで芸能界に生き残ろうと決めた20代」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 中居正広,藤本敏史,山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  よしログ
次の記事:博多大吉、吉本の劇場が増え疲弊する芸人の実情を明かす「ロバート秋山、声が出ない」

前の記事:ダウンタウン浜田雅功、後輩芸人に優しすぎる素顔を明かされる「そこまで優しいか」