TOP雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! ≫ 雨上がり・宮迫が語る 「ジャリズム山下」

雨上がり・宮迫が語る 「ジャリズム山下」

2009.05.14 (Thu)
イヲピにかえて(DVD付)2009年05月13日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、宮迫がジャリズム・山下について語っていた。ジャリズム・山下といえば、世界のナベアツの残念な相方。客にウケなくても気にしない、スベることに無遠慮なキャラでも有名。

そんな山下が、紫SHIKIBUに新たに加入することになった。今回、紫SHIKIBUがセカンドシングルをリリースすることになったため、そのプロモーションイベントをやることになった。その際、はんにゃ・金田の加入かと思いきや…実は山下が加入することになった、と発表された。

『パカっ!』という、受けているところを見たことがないギャグを行い、登場した山下。その際、最初はお客も笑い、その後に『金田くんじゃないの?』といった反応があり、「エーーーーー…」というがっかりした声が会場に響き渡ったそうだ。

そのイベントでもスベり、さらにその後の囲み取材でもスベっていたという山下。そんな山下について、宮迫は以下のようにコメントしていた。

「山下は、(笑いのレベルを)高飛びで言えば、70cmをやっと飛べるかどうか。それなのに、2 mをいつも飛ぼうとする。それでいて『2 m飛べませんわ…』という。そんなの、当たり前じゃないですか。自己最高記録が70cm程度なのに、2mが飛べるわけない」と宮迫は語っていた。

さらに、「バーの下を、全力で走ってくれれば、こっちもやりようがあるんですよ。そういう笑いもありますから。でも、わざわざ手を挙げて、ちょんとそのバーを触る。それでバーを落としてしまう。手を出すな、ってことなんですよ」と、宮迫はイラついている様子で話していた。

そのトークの最後に、相方・世界のナベアツは、「(全てをぶち壊すようなことをしておいて)でも、山下君は『このバーとは、合わない』というんでしょうね」と、残念そうに語っていた。

【関連記事】
雨上がり・宮迫が目撃した、ジャリズム山下の珍事件

世界のナベアツ、CMのギャラに不満

有吉弘行「品川はアイデア泥棒」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!
次の記事:ナイナイ岡村 、「極楽とんぼ・山本の復帰」について語る

前の記事:伊集院光 「益若つばさにみる、モデル特急のズルさ」