TOP雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! ≫ 世界のナベアツ、CMのギャラに不満

世界のナベアツ、CMのギャラに不満

2009.05.09 (Sat)
メイドイン俺2009年05月06日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、『メイドイン俺』など多くのCMに出演している世界のナベアツが、CMのギャラに関して、かなり不満をもっていることを明らかにしていた。

話の発端は、上記のゲーム「メイドイン俺」のCMで、どれくらいのギャラをもらっているのか、という雨上がり決死隊の疑問だった。

「ゲームが売れているみたいだけど、どういうギャラの契約になっているのか?」と宮迫は質問したが、「吉本興業ですから、そんなに貰えないのは知っているじゃないですか。契約内容は分かりません」と、世界のナベアツは言葉を濁した。

さらに、宮迫は「貯金いくらあるんだ?」と突っ込んだ質問をしたが、世界のナベアツは「吉本興業ですから、そんなに気になるほどではないですよ」と、思ったほど儲かっていない、という答えをするばかりだった。

それに業を煮やしたのか、蛍原は以下のようにツッコミを入れていた。

「見たで!日経エンタテインメントで、11社と契約している。木村拓哉と同じ数で1番だった」と、怒りにまかせるような発言を行っていた。雨上がり決死隊も羨むほどのCM契約社数だったようだ。

世界のナベアツは、この事実を初めて知ったようで、「逆に、そんなにCMに出ていて、これだけ(ギャラ)…」と、がっかりした様子だった。「責められていることより、その事実に腹が立ってきた」と話していた。一方で、「マジで、ビックリするくらいギャラ少ないですよ。誰でも知っているような、あの企業でも、これだけ…みたいなね」と、ギャラの少なさに腹立たしさや失望を感じていたようだ。

この少し思い上がった発言に対し、宮迫は「ナベアツ…そんなね、キムタクと同じ単価だったら、CMの話が、そんなに来るか!」と一喝していた。蛍原も「安いから、CMの話がくるんだ」と話していた。

その一方で、「萩原マネージャーから、宮迫さんが給料明細を受け取って、『こんなにバイク王のCM、ギャラくれるんだ』と驚いていた。『訳の分からない地蔵の格好をした甲斐があったな』と言っていた」と、世界のナベアツは曝露していた。

【関連記事】
加藤浩次 「とぶくすり時代、1本の出演料5千円だった」

ナイナイ岡村 「今の若手芸人は、大変」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!
次の記事:爆笑問題・田中の作られ方

前の記事:加藤浩次 「とぶくすり時代、1本の出演料5千円だった」