TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ 岡村隆史が暴いた、大泉洋の枕営業?

岡村隆史が暴いた、大泉洋の枕営業?

2009.05.09 (Sat)
the 波乗りレストラン [DVD]2009年05月07日放送の「ナイナイのANN」にて、大泉洋の結婚について触れられていた。大泉洋といえば、岡村隆史と個人的に食事に行くなどの付き合いがある仲である。岡村は、大泉洋のことを「昔からの連れのようだ」と以前の放送で話していた。

結婚というおめでたい話である以上、いつものようにコント的なやりとりはなく、素直に祝福するかと思いきや、二人の関係からはそうしたことにならないようだ。

岡村隆史が大泉洋の結婚を知ったのは、元マネージャーからの電話で、報道よりも少し前だったそうだ。「夜の9時くらいに、そのメール見たんですよ。ビックリしまして、メールよりも電話することにしました」とそのときの様子を語っていた。

「土曜日の9時だったから、めちゃイケをやっている時間帯だった。そこで電話したから、『ちょうど妻と一緒にめちゃイケを観てましたよ』と言われた」と、独り身には寂しい先制パンチを受けたことを話していた。

さらに、そこから岡村は、以下のように『あること』に気づいていったそうだ。

「相手は、どうやらフジテレビのドラマのチーフプロデューサーだ、ということで、『アレッ?』って思ったわけですよ。そういったら、なんか『救命病棟』もフジテレビですし、唐沢さんとやった『小早川伸木の恋』、上戸彩ちゃんとやった『暴れん坊ママ』もフジテレビなんですよ」と、意味深なことを岡村は言いだした。

「それに気付きましてね、これはもう枕営業で仕事をとっていた、ということですよ」と、何故かフジテレビのドラマに出演していることが多いその理由を岡村は、分析していた。

「初めて、そのとき電話でも話したんですけどね。僕は大泉洋を非常に買ってた。お芝居もうまいなと思ってるし、お芝居もできるし、なんですか笑いもできるし…良い役者だな、と思っていたけれども、よくよく考えると、そうやって枕営業で仕事をとってたんだね」と、実際に電話でそう話していたことを岡村は話していた。

その言葉を聞かされた大泉は、電話を切ったそうだ。その後、再び電話をかけたが、ついぞ岡村の口から『おめでとう』の言葉が出ることはなかったそうだ。

【関連記事】
ナイナイ岡村 vs 大泉洋の攻防 2回目

ナイナイ岡村が引いた 好きだった女性の1発

ナイナイ岡村 「もう一度逢いたい女性」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:ナイナイ岡村、宮藤官九郎の舞台を観に行って赤っ恥

前の記事:有吉が命名した、青木裕子アナの2つのアダ名