TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、高畑充希に「お前」と呼んでしまい冷やっとしたと告白

オードリー若林、高畑充希に「お前」と呼んでしまい冷やっとしたと告白

2014.07.13 (Sun)
2014年7月12日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、共演した女優・高畑充希に対して、つい「お前」と呼んでしまい冷やっとした、と告白していた。

社会人大学人見知り学部 卒業見込
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

話の発端は、先週の録音放送であり、その放送を自分で聴いていて、「反省もしたよ。聴きながら、フツオタ(普通のお便り)も送ろうかなって思って。気になったのよ、俺が春日のことを『お前』って呼ぶのやめた方が良いなって思って」と、ボケも挟みつつ語っていた。

「中学生時代から『お前』っていうから、直すきっかけがなかったんだけど」と、親しい間柄であるからこそ、そのような呼び方になってしまうことに触れ、「なんて呼べばいいかな。『春日さん』かな…親しい人だと、『T(春日"俊彰"のイニシャル)』とかだよな」と、改めて意識すると、どのように呼べば良いのか考えてしまった、と語っていた。

「やっぱり、テレビ観てても冷やっとしたね」と若林は語りだし、フジテレビ系の番組『未来ロケット』で、女優・高畑充希と、NEWS・増田貴久と共演したときの出来事について明かした。

高畑充希のドラマの番宣VTRで「楽しんでいってください」と言うシーンがあったという。その言い方を面白いと感じた若林は、「アレはギャグじゃないんだよね?」と訊いたそうだ。そこを何度もスタッフがイジって、「楽しんでいってください」というシーンを流したそうだ。

ついに高畑も「そりゃあ普通の言葉を何度も言ってたら、面白く聞こえてくるでしょ」と言ったところ、若林は「『お前、俺の相方に謝れ』って言ったのよ。アイツ、何度も普通のことを言って、面白く持っていくことしかしてねぇぞってことで」と語り、高畑のことを「お前」と言ってしまったことに冷やっとした、と明かしていた。

【関連記事】
オードリー若林、番組収録中に心理学者にキレて共演者ドン引き「先輩芸人に叱られた」

オードリー若林が語る、オードリーのパロディ漫才で爆笑をとっていたレイザーラモン

オードリー若林、『内ザワ』エキストラのアドリブに苛立つ「ガチでオデコの押し合いに」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,高畑充希,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー若林、相方・春日の夜の営みでの行為を暴露「顔にかける」

前の記事:アッパレやってまーす! トーク集