TOPにけつッ!! ≫ 千原ジュニア、彼女を呼び間違えてもバレない方法を明かす「名前の1文字目で呼ぶ」

千原ジュニア、彼女を呼び間違えてもバレない方法を明かす「名前の1文字目で呼ぶ」

2014.07.09 (Wed)
2014年7月8日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』(毎週月 25:23 - 25:53)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、彼女を呼び間違えてもバレない方法について語っていた。
にけつッ!!22
にけつッ!!22 [DVD]

呼び間違えは、特に女性に嫌われるため、なんとか防止したいと考えたジュニア。だが、悪気はなくても間違った呼び方をしてしまうこともある。そこでジュニアは、昔の彼女を名前の一文字目で呼んでいたという。

たとえば、花子ならば「ハー」、さちこだったら「サー」となる。そこで、前の彼女が花子で、現在の彼女がさちこの場合、「ハー」と呼んでしまっても、「ハー」と呼んだのか「サー」と呼んだのか分からないため、怒られたり口論になることはなくなったという

だが、母音が同じだったら良いが、前の彼女が「花子」で、現在の彼女が「みゆき」だった場合、母音が違っており、明らかに間違ってると分かってしまうと思うが…そうした指摘については答えていなかった。

千原ジュニア:こんな話したら、もう本当に総スカン食らうのは分かってますけど、芸人・千原ジュニアとして、こういうステージを与えてもらってる、何か喋らなアカンってことで喋るわけですけど。

ケンドーコバヤシ:はい(笑)

千原ジュニア:昔の話ですよ。付き合った人を、上の名前で呼ぶことにしてたんですよ。

ケンドーコバヤシ:苗字?

千原ジュニア:いやいや。名前を…

ケンドーコバヤシ:あぁ、「ハナコ」やったら、「ハナ」みたいな?

千原ジュニア:いや、「ハー」で。

ケンドーコバヤシ:「ハー」?

千原ジュニア:「さゆり」やったら、「サー」って。

ケンドーコバヤシ:なんでなんですか?

千原ジュニア:悪気なく、前の彼女の名前を呼んでしまうことって、ありますやん。

ケンドーコバヤシ:一番、ダメらしいですね。

千原ジュニア:うん。でも、こっちは悪気ないねん。なんかポロっと、「ハー」なのに「サー」って呼んでまうんですよ。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:「サー…いや、ハーや」って思ってるけど、「サー、あんな…」って、気付かれないっていう(笑)セーフ(笑)

ケンドーコバヤシ:いや、セーフじゃない(笑)

千原ジュニア:ホストの人って、名前をケータイ電話の電話帳、全部、アルファベットで入れるんですって。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:パッと見たときに、解読できないでしょ?でも、こっちは読み慣れてるから、すぐに誰だか分かる。

ケンドーコバヤシ:一瞬だけだとね。

千原ジュニア:あと、アルファベットやから「お店かな?」って思うんですって。

ケンドーコバヤシ:はい、はい。今から変えるのしんどいなぁ(笑)

千原ジュニア:っていうか、見られて困る人おらんけど(笑)

【関連記事】
千原ジュニア、芸人の芸風は小学生の頃に決まっていると語る「昔話に疑問を持ってた」

千原ジュニア、YOUからマジ説教された全容が放送される「ちゃんと人の目を見て話せって、お母さんに言われなかった?」

千原ジュニア、人見知りでタモリに電話番号を訊けずやきもき


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,ケンドーコバヤシ,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!
次の記事:ハーフ芸人・アントニー、嵐・二宮和也にハマってると発言「絶対に俺のこと好き」

前の記事:南キャン山里、嫉妬ばかりする自分を変える方法をアドバイスされる「アドラーの教え」