TOP単発番組 ≫ ウーマン村本、『ドリームマッチ』ノブコブ吉村に漫才の舞台で復讐「吉村に台本人間と言われた」

ウーマン村本、『ドリームマッチ』ノブコブ吉村に漫才の舞台で復讐「吉村に台本人間と言われた」

2014.07.06 (Sun)
2014年7月6日放送のTBS系の番組『史上空前!笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ』にて、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔と、平成ノブシコブシの吉村崇が、ともに漫才を行い、そこで村本は吉村に"リベンジ"を果たしていた。

ウーマンラッシュアワー 村本大輔の恨みと復讐のミルフィーユ
ウーマンラッシュアワー 村本大輔の恨みと復讐のミルフィーユ/中川パラダイスの癒しと優しさのセレナーデ [DVD]

番組収録の遡ること1ヶ月前、村本は、吉村にバラエティ番組で「アドリブの利かない台本人間で面白くない」と言われていた。そのことを根に持っていた村本は漫才の進行中、吉村に黙って突然、打ち合わせにない流れのネタを始めた。

村本は、「消費税8%になって、どう思う?」と、今までと全く関係のないことを吉村に質問。すると吉村は、少しの間、何も返せずに黙りこんでしまった。そこで村本は、「実は、ここで別の流れがあったんです」と語り、「1ヶ月前、アドリブの利かない台本人間と言われました。吉村さんは、台本人間じゃないから、アドリブができるんですよね?」と、漫才のステージで復讐を行っていると説明した。

吉村は取り乱し、"破天荒キャラ"としてステージ上の電球を消すといった行動に出た。なおも村本は攻撃の手を緩めず、「この後、私が帰ろうとする吉村君をとめて感動の手紙を読み、吉村君のズボンが破れるというオチで終わります。さて、吉村君はどうするんでしょうか?」と挑発するようなことを言い出した。吉村は追い詰められ、ズボンをオチ前に破るという行動に出た。

このアドリブは完全に予定されていたものではなかったようで、村本の相方・中川パラダイスが「村本が、『吉村に台本人間って言われたから、アドリブで仕返しする。その練習をするから』って言って、その練習に付き合わされた。自分のところは、しっかり台本を書いて練習してたんです」と証言していた。ダウンタウン・松本人志からは、「お前、やっぱり台本人間やんか」とツッコミを入れられていた。

【関連記事】
ウーマン村本、『すべらない話』で今回も「すべらない話」認定されず

ウーマン村本、バナナマンに戦いを挑もうとする母親に唖然「トークを事前準備」

ウーマン村本、冷たい態度の番組スタッフへの復讐方法を明かす「タクシーチケットで無駄遣い」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ウーマンラッシュアワー,村本大輔,吉村崇,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組
次の記事:ノブコブ吉村、志村けんの「ウーマン村本批判」を志村の目の前でイジる「早口で何言ってるか分からない」

前の記事:グラドルおのののか、野々村竜太郎 議員の号泣会見に「ふなっしーかと」