TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ ナイナイ岡村が北野誠に同情

ナイナイ岡村が北野誠に同情

2009.04.17 (Fri)
「北野誠×竹内義和 “濃い口”トークラジオ」 [DVD]2009年04月17日放送の「ナイナイのANN」にて、ラジオでの発言で活動自粛中の北野誠について触れられていた。「我々も、ラジオでの発言に注意しないと駄目ですからね」というコメントからトークは始まった。

「北野誠さんが、活動自粛で番組を次々に降板している。ウチもバレなくて良かったですよ。過去の放送を考えれば、悪口ばっかり言っていますもん」と、自分たちも下手をすれば北野誠のように降板させられていた可能性もある、と発言していた。

ちなみに、「同じ松竹芸能所属のよゐこにも話を聞いた。探りを入れたけど、その降板理由は全然分からない」と芸能界にいても、ハッキリとした理由は分からないとナイナイは話していた。

さらに、一連の騒動に関して、ナイナイの目から見た今回の問題点について、以下のように語っていた。

また、北野誠のラジオ番組については、「我々はよく知らなかったんですが、ラジオの中で結構毒を吐くのが定番となっていたようだ。でも、やっぱり裏がとれていないと(発表するのは)難しい。だから、芸人同士のうわさ話でも、『それは裏がとれている話か?』と最近は訊くようになった。闇雲に噂を広めていくと大変なことになる」と語っていた。

その一方で、「本当にやりにくい時代になった。何でもかんでも、一緒くたにされては困る。ちょっと言っただけで批判されることになる。過敏に反応されると困る」と、ギャグと問題発言の境界線が曖昧になっていると話していた。

さらに、「ラジオは、好きなことを言える空間だと思っている。それが制限されるようだったら終わりだ。ただ、北野さんの場合は、言い過ぎだったと思う。もちろん、ファンはそれを楽しんでいた部分はあると思う。あら探しのような聴き方をされてしまうと、楽しくないだろう。いつからこんな時代になってしまったんだ。昔の方が過激なことを言っている」と、ラジオ放送に向かうスタンスについて、岡村は熱く語っていた。

【関連記事】
ナイナイ岡村「ラジオで好きなことが喋れなくなる」

矢部浩之 カポーティで、厄介なリスナーに会う

ナイナイ矢部が、再びリスナーと美容院で遭遇


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:ドン小西が奇抜な格好をする理由は、イジられたいから?

前の記事:有吉弘行に対して命名されたアダ名の数々