TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、WRESTLE-1の新人選手に「先輩芸人にイジられる自分を重ねて応援」

オードリー若林、WRESTLE-1の新人選手に「先輩芸人にイジられる自分を重ねて応援」

2014.06.29 (Sun)
2014年06月28日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、プロレスにハマりつつある、と語っていた。

社会人大学人見知り学部 卒業見込
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

若林は、TBS系の番組『内村とザワつく夜』で、再現VTRで共演したエキストラに過剰なアドリブ演技をされて、額をぶつけられて腹が立ち、逆に押し返してしまった、ということをお笑いコンビ・マシンガンズの西堀亮に窘められ、「プロレスを観た方が良い」と勧められたという。そこで、「受けの美学」の深さに気づいた若林は、今まで総合格闘技などしか観なかったが、プロレスをCS番組などで観るようになった、と語っていた。

今回、武藤敬司主催のプロレス団体WRESTLE-1の試合を観に行き、そこで新人選手と先輩選手の実力差のある試合を観て、「今の自分が先輩と絡んでるときに、めちゃくちゃイジられるんだけど、上手く返せないのが、オーバーラップしてきちゃって」と、自分の姿を重ねて応援してしまった、と語っていた。

若林正恭:お笑いと同じで、プロレスもウケた試合、ややウケの試合、ややスベリの試合ってあるのな。

春日俊彰:うん、あるね。

若林正恭:前半でも、新人の選手と、先輩の凄いマッチョの選手がやる試合があってね。水平チョップを何発しても効かないわけよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それまでは「イケメンキャラ」なんだな、とか「ヒールのキャラなんだな」とかって分かりやすいキャラだなって観てたんだけど、今度はその新人と先輩の試合になって。

春日俊彰:うん。

若林正恭:若手が先輩に水平チョップをしても効かなくて、表情一つ変えずに胸で受けられてるんだけど、一生懸命水平チョップしてるのを見て、今の自分が先輩と絡んでるときに、めちゃくちゃイジられるんだけど、上手く返せないのが、オーバーラップしてきちゃって。

春日俊彰:うん。

若林正恭:ついつい、「行け~!」みたいに叫び始めちゃって。

春日俊彰:良いじゃないですか。

若林正恭:その新人選手が持ち上げようとするんだけど、持ち上がらないのよ。

春日俊彰:あぁ、そうだね。

若林正恭:「上げろ~!」って叫んじゃって。それで、その若手の選手は小さいんだけど、大きい選手がコーナーポストからフライングボディアタックやってきて、潰されるのよ。

春日俊彰:あぁ、新人さんが?

若林正恭:うん。もう見てられないのよ。一生懸命持ち上げて叩きつけようとするけど、上がらないのよ。「上げろ~!」って言ってたのよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:前の方にいたお客さんがね、ちょっとオタクっぽいプロレスファンで。技とかを見てて、それをイチイチ、「今の何をやろうとしてたの?」「もう、○○のマネにしか見えないよね」とかって言うのよ。

春日俊彰:目が肥えてるから、厳しいね。

若林正恭:厳しいのよ。そういう風に言われるから、若手の人にオーバーラップしちゃって、応援して。

春日俊彰:うん。

若林正恭:結局、反撃したところもあるんだけど、結果、若手の選手がホールして「1、2…」ってやって返されると、「あぁ…」ってなるね。

春日俊彰:うん(笑)

若林正恭:結局、負けちゃって。

春日俊彰:その感じではムリだね。

若林正恭:まだまだ甘いな、って感じで負けちゃって。そうすると、次も観たいなっていうさ。勝敗っていうより、いい試合見たなっていうのが残るのも良いよね。

【関連記事】
オードリー若林、『内ザワ』エキストラのアドリブに苛立つ「ガチでオデコの押し合いに」

今田耕司「キンコン・西野はプロレススーパースター列伝を勉強すべき」

有吉弘行「スポーツは、ニワカファンを受け入れないと衰退していく」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,,WRESTLE-1,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー若林、プロレスと漫才の共通点を語る「全てがアドリブではないことを分かった上で楽しむ」

前の記事:オードリー春日、石垣島2泊3日のバカンスで30万円浪費したと告白「クラブで1晩7万円」