TOPマツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国 ≫ 有吉弘行、『おしゃれイズム』で困った瞬間を告白「他で挙げた『好きな芸能人』が分からない」

有吉弘行、『おしゃれイズム』で困った瞬間を告白「他で挙げた『好きな芸能人』が分からない」

2014.06.26 (Thu)
2014年06月25日放送のテレビ朝日系の番組『マツコ&有吉の怒り新党』(毎週水 23:15 - 24:15)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、日本テレビ系の番組『おしゃれイズム』(毎週日 22:00 - 22:30)に出演した際、困ってしまった出来事について語ったいた。

お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)

話の発端は、「合コンで、『好きな芸能人ってどんな人?』と質問された際に、妙に分析されたり、批判されるようなことを言われて困る」という相談者の男性からのメールがあったことだった。

この相談に対し、タレントのマツコ・デラックスは、有吉に「『芸能人で好きな人は誰?』って訊かれて、なんと答える?」と訊かれると、その場でその質問者の納得・喜びそうな人を挙げるようにしているという。たとえば、マツコ・デラックスにその質問をされた場合、マツコも好きな「有吉佐和子さん」と答えるという。

また、その質問者の体格によっても、太めな人であれば太めな芸能人、細い人であれば、細い人をチョイスするという。さらに、女性に質問された場合は、「梨花」などの女性受けの良い女性を選択する、と有吉は語っていた。

だが、この良かれと思ってやっている行為が、仇となってしまったことがあったという。有吉が、『おしゃれイズム』に出演した際、「好きな方がどなたですか?」と質問されたという。その直後、「これは御本人さん登場のパターンだな」と思った有吉。スタッフがリサーチを行い、以前の取材資料などを当たって、有吉が「好きな人」として挙げた人をブッキングしたようだ。

いつもテキトーに答えいるため、「誰のことなのか…」と困った有吉は、司会のお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也に、ヒントをもらいつつ、探り探りタレント名を挙げ、ようやく当たったそうだ。「それくらい、『好きな人』をいい加減に言ってるってこと」と、芸能人が「好きな人」と挙げていることは、当たり障りがないように、その場しのぎで答えてることが多い、と有吉は語っていた。

【関連記事】
有吉弘行、ブランド品だからとありがたがる人に「ブランドだろうと、ダサいものはダサい」

有吉弘行、若手芸人に「前に出ろ」ではなく「出れない人を面白くするのが先輩芸人の務め」と力説

有吉弘行、低レベルなタレントに嫌気が差す「相手したくねぇな」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 有吉弘行,マツコ・デラックス,夏目三久,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国
次の記事:マツコ・デラックス、ライブ・コンサートの関係者席に座る芸能人・関係者を批判「恥ずかしくないの?」

前の記事:ミッツ・マングローブ、ツイッター等のSNSで誹謗中傷に傷つかない方法を語る「相手の観察者になる」