TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、放送作家がリアルな視聴率を知るために行く場所を明かす「サウナ、カプセルホテル」

千原ジュニア、放送作家がリアルな視聴率を知るために行く場所を明かす「サウナ、カプセルホテル」

2014.06.25 (Wed)
2014年06月24日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、放送作家・構成作家が、リアルな視聴率を知るために行く場所について語っていた。

2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」
2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」 [DVD]

その場所とは、サウナやカプセルホテルであるという。そこでは、観られてるテレビ番組がその場で分かり、どんな番組を観ているのか、そしてその反応なども分かるという。

一方で芸人は、バラエティ番組がサウナなどで流されている場合、ウケるかどうか気になってしまうようだ。ジュニアは、一緒にサウナに入っている大学生などには、「どこで笑うのか」と興味を持たれ、テレビとともに自分の反応を一緒に見られてしまう、と語っていた。

千原ジュニア:サウナでバラエティ番組やってると、必ず一緒に入ってる大学生とかが、テレビと俺を見るんですよ。

桂三度:あぁ。

千原ジュニア:「こいつ、どこで笑いよんねん」みたいな感じで。

桂三度:なるほど。イヤやなぁ。

千原ジュニア:うん。

桂三度:でも、逆に「ウケろ!」って思いますけどね。

千原ジュニア:ん?

桂三度:「芸人、頑張れ」みたいな感じで。サウナって、ウケないでしょ。熱いから。

千原ジュニア:あぁ、そういうことね。

桂三度:「芸人、頑張れ」って。

山本吉貴:逆もありますね。大学生がドンっって笑うときに、「ここで、こんなんして笑いはんねや」って。

千原ジュニア:あぁ、あるある。

桂三度:そうなんや。

山本吉貴:ジュニアさんと一緒に行ったときでなく、ジュニアさんが出てたりしたら、なんかドキドキするっていう(笑)

桂三度:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:スベったらどうしようって?

山本吉貴:「ウケろよ、ウケろよ」って(笑)

桂三度:はっはっはっ(笑)色んな汗がね。

山本吉貴:そういうのがあったり。

千原ジュニア:(放送)作家さんなんか、たまにジムとかカプセルホテルを見に行くって言うもんね。リアルな視聴率が分かるから。

桂三度:へぇ。

千原ジュニア:後ろから見たら、全部の人のテレビが分かるやん。

山本吉貴:あぁ、なるほど。

千原ジュニア:この間も、ワールドカップの時に、サウナとかカプセルホテルみたいなところで、後ろから見てると、ほとんどの人がサッカーを見てるんやけど、一個だけ奥の方に違うの観てると、「アイツ、ヘンタイやな」って(笑)

山本吉貴:ふふ(笑)

千原ジュニア:その時間帯に、カプセルホテルでテレビ付けてて、それ観てないのは、なかなかのヘンタイやね。

桂三度:なるほどね。

【関連記事】
オードリー・若林「ツチヤタカユキが構成作家見習いを辞めた本当の理由」

加藤浩次「放送作家の厳しい現実」

構成作家・オークラ「テレビ・ラジオ業界人の9割はバカ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,放送作家,桂三度,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:千原ジュニア、なぜか「遺影を持つ男性」の写真で笑ってしまった理由

前の記事:千原ジュニア、篠崎愛のエレベーターで不審に思った不可解な行動