TOPロンドンハーツ ≫ ヒロミ、芸能界から干された理由を語る「スタッフと揉めた」

ヒロミ、芸能界から干された理由を語る「スタッフと揉めた」

2014.06.17 (Tue)
2014年06月17日放送のテレビ朝日系の番組『ロンドンハーツ』(毎週火 21:00 - 21:54)に、お笑い芸人のヒロミが初登場し、「密室検証 もしもこんな2人をのませたら…」という企画に出演した。

ロンドンハーツ vol.7
ロンドンハーツ vol.7 [DVD]

この企画は、普段飲む機会もないような2人が飲んだら、一体どんな話をするのか観察するという内容である。今回、ヒロミはロンドンブーツ1号2号の田村淳と2人きりで飲むこととなった。

その中で、ヒロミがテレビの表舞台から消えた理由について語っていた。ヒロミは、「出が、元々、町の兄ちゃんがテレビに出してもらったって、そんなレベルだったから、こんなの絶対に長続きしない」と思っていたと語った。

さらに、40歳を過ぎて、次第にレギュラー番組などが減少していく中、「もういいかな」と思い始めたという。そこでスタッフから「もうちょっと、ソフトにできない?」と芸風を変えるようにアドバイスされたり、「頭を叩くのはどうなの?」などと、テレビ業界にもコンプライアンスを求める視聴者の姿勢がみられるようになっていったという変化が現れたという。

だが、こうした変化に「『俺、そんなのできねぇし、なんで?』って、スタッフと揉めたりするじゃん。『そんなだったら、辞めたって良いよ』って言ったら、『はい、ご苦労様』って言われて(笑)」と、スタッフと揉め、結果、番組出演のオファーが無くなったことを明かした。

仕事は無くなったが、ヒロミは「毎日、遊んでやろうと思って」と、芸能界にしがみつくことは選択しなかったという。6~7年にも及ぶそんな生活が続き、「いつか、俺みたいのをまた使ってくれる人が出てくるのかなぁ」と漠然と思いながら過ごしてきた、と語るヒロミだったが、その読み通り、現在、徐々に番組出演が増え続け、今回の『ロンドンハーツ』出演に至っている。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ヒロミ,田村淳,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ロンドンハーツ
次の記事:千原ジュニア、"独身病"で家の鍵を替えるだけで泣けてきたと語る「5本の鍵が家に」

前の記事:有吉弘行と青木さやか、因縁の2人が7年振りに和解