TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、サッカーW杯での西村主審の判断を批判「PK物凄い数になってしまう」

明石家さんま、サッカーW杯での西村主審の判断を批判「PK物凄い数になってしまう」

2014.06.15 (Sun)
2014年06月14日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが12日に行われたFIFAサッカーワールドカップ 2014 開幕戦で、西村雄一主審がブラジルにPKを与えた判断について批判していた。

本人vol.11
本人vol.11

ブラジル - クロアチア戦で西村主審は1 - 1で迎えた後半残り20 分の場面で、クロアチアのデヤン・ロブレンがブラジルのフレジを倒したとしてファウルを宣告し、ブラジル側にPKを与えた。だが、この判断に対し、クロアチアの選手や監督らが批判の声を挙げるなど、議論を呼んでいた。

このPKを与えた判断について、さんまは、「これPKちゃうぞ」と思いながら観ていたという。それほど強く掴んでおらず、「この場面でPKを与えてしまっては、PKの数が物凄い数になってしまう」と批判した。

さんまは、以前、西村主審がブラジル戦でレッドカードを出したことでブーイングを受けたことも関係しているのではないか、と指摘。ブーイングを受けたくなかった可能性もある、とさんまは語っていた。

明石家さんま:日本のサッカー開幕戦は15日、朝10時からやるんですけども。

道重さゆみ:はい。

明石家さんま:先に、日本人審判が先にデビューというか、ワールドカップで昨日、笛を吹いたのが、日本人審判3人なんですよ。

道重さゆみ:へぇ。

明石家さんま:日本人が、ブラジル戦の笛を吹くというのは、これはまた凄いことなんですけど。

道重さゆみ:はい。

明石家さんま:日系ブラジル人が多いところで、なんで日本人にホイッスルを吹かせたんやっていう。その辺が気になるところなんですけど。

村上ショージ:あの人(西村雄一)、凄い賞をもらってるんでしょ?

明石家さんま:はい、審判としてね。昨日も、3-1でブラジルが勝ったんですけど、クロアチアというチームも、凄い良いチームでね。

村上ショージ:はい。

明石家さんま:マリオ・マンジュキッチが帰ってきたら、これは強いぞっていう感じで。

道重さゆみ:うん。

明石家さんま:昨日、日本の審判がPKを与えたんですけど、俺ら観てて、「これPKちゃうぞ」って思ったんですけど、前にあの審判がブラジル戦でブラジルの選手にレッドカードを出してしまって、何万人の客から大ブーイングを受けてる審判なんですけど、気をつかわはったんでしょうね(笑)

道重さゆみ:ふふ(笑)

村上ショージ:アレはPKでしょう。

明石家さんま:アレはPKちゃうよ。アレをPKとったら、エライことやもん。他のときも。

村上ショージ:結構、力強く掴んでましたよ。

明石家さんま:アレは、余程のチャンスやとか…

道重さゆみ:「前回のこと、許してね」とかあるんですか?(笑)

明石家さんま:俺、分かんねん。ああいう性格やから(笑)好かれたいねん。開幕戦でアレを笛を吹かへんかったら、またブーイングになるからってことで吹いてしまったんでしょうね。

道重さゆみ:ふふ(笑)

明石家さんま:だから、向こうのクロアチアがバーって詰め寄って、「今の、なんでPKなんだ!」って言うてるときに、「いや、いや…みんなに好かれたいねん」って、そう言ってるんちゃう?(笑)

道重さゆみ:ふふ(笑)

村上ショージ:アレは真剣な顔して言ってたでしょ。

明石家さんまアレをPKとったら、とんでもないPKの数多くなるぞ。そんなに激しく掴んでないって。あんなの、ゴール前は当たり前のことやから。

村上ショージ:そうですか。

明石家さんま:ブラジルが勝って良かったんですけど、クロアチアも2連勝してくるやろうから、ブラジルとクロアチアで決まりやろね。

【関連記事】
ナイナイ岡村、サッカーW杯運が無いことを嘆く「4年前は入院…8年振りのW杯」

伊集院光、松木安太郎のサッカーW杯スタメン予想でのボケに「そんなの気づかないよ」

伊集院光、爆笑問題・太田のサッカーW杯での失言を危惧「恐らく余計なことを言うでしょ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,西村雄一,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、日本のサッカー選手は想像力の乏しさが欠点と指摘「イマジネーションが日本人は足らない」

前の記事:AKB卒業直前に大島優子、『めちゃイケ』からの"洗礼"を受ける「トラにキス」