TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、お笑い芸人を続ける意味に「俺は賞を貰うために芸人を続けているのでなく、皆の笑顔を見たいだけ」

明石家さんま、お笑い芸人を続ける意味に「俺は賞を貰うために芸人を続けているのでなく、皆の笑顔を見たいだけ」

2014.05.19 (Mon)
2014年05月17日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまがお笑い芸人を続ける意味・意義について語っていた。

リスナーから「何かしらの賞をもらうことを望みますか?」と問われたさんまは、受賞することに意味はなく、それはお笑い芸人を続ける意義にはならない、と語り、さらにそこから「皆の笑顔を見たいだけ」と照れくさそうに発言していた。

本人vol.11
本人vol.11

リスナーメール:北野武さんが、フランスの騎士団の1つ、シャンパーニュ騎士団からオフィシエの称号を与えられました。22日に、叙任式が開かれるそうです。

たけしさんは、「いただけるものは、請求書以外は何でもいただいちゃう。最高のプレステージ・シャンパンももらえるし、ありがたいこった」と喜ばれてるそうです。

たけしさんは、2010年にフランスの芸術文化勲章、コマンドールを1999年にもフランスのシュヴァリエを受賞されているので、これで三冠を達成。勲章といえば、大竹しのぶさんも、紫綬褒章を受賞されていますが、さんまさんも勲章が欲しいと思われたことはありますか?

明石家さんま:賞を欲しいって思ったことがないなぁ。

道重さゆみ:へぇ。

明石家さんま俺は、お笑いは賞をもらうためにやってるんじゃないからね。笑顔を見たいだけやから。

道重さゆみ:あぁ、カッコイイ!

吉川友:名言!

明石家さんま:ふふ(笑)

道重さゆみ:そのまま、名言のコーナーに持って行きたいですね(笑)

明石家さんま:「賞をもらうためにやっているんじゃない」って、これは昔、ポール・ニューマンがアカデミー賞を受賞式に出るのを断ってね。

道重さゆみ:へぇ。

明石家さんま:ガラガラの部屋で、中継で。友達に授賞式に行ってもらって。「アカデミー賞のトロフィーを預かったよ」って行ったら、「そのトロフィーを飾るところは、今、ウチには無いんだよ」って。わざとガラガラの部屋で言いよって。

道重さゆみ:へぇ、凄い。

明石家さんま:「だから、そんなものを持ってきてもらっても困る」って。ずっとノミネートされなかったからね。

道重さゆみ:へぇ。

明石家さんま:ポール・ニューマンも腹が立って、アカデミー賞に対して。それで、特別賞を出しよった時に、そのコメントや。

道重さゆみ:あぁ。

明石家さんま:カッコエエで。アレをいつかやりたいんやけど、来ぃひんねん。

道重さゆみ:ふふ(笑)

明石家さんま:いつかやりたいんやけど、大きな賞が来ないねん(笑)

【関連記事】
明石家さんま、未だにファンへの感謝を忘れない姿「ファンの見送りに最後の最後まで応じる」

明石家さんま、共演する芸人・タレントに恐れられることに「俺は普通に仕事してるだけ」

明石家さんま、島田紳助の芸能界引退に「世間は大して何も思ってない。俺だったらすぐに復帰する」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,道重さゆみ,村上ショージ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:千原ジュニア、バイク事故により瀕死状態の中で兄・せいじが行った最低な行為

前の記事:明石家さんま、笑福亭鶴瓶からの不可解な電話に困惑「ウチの姉に『鶴瓶は頑張ってる』と言ってくれ」