TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、トーク番組出演して反省の日々「話をしている最中にも反省」

千原ジュニア、トーク番組出演して反省の日々「話をしている最中にも反省」

2014.05.14 (Wed)
2014年05月13日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、トーク番組などに出演し、話をしている最中にも反省していることを明かしていた。

グラビアアイドル・おのののかが、「トーク番組に出て、反省することが多い」と話をし、そのことを受けてジュニアも、「毎回、反省している」と語っていた。

うたがいの神様
うたがいの神様 (幻冬舎よしもと文庫)

おのののか:『さんま御殿』とか観てて、「こう振られたら、こう返そう」とか思ってるんですけど、なかなかテレビの前で観てるときと、スタジオは全然違うんですよね。パニックになっちゃうし、緊張もするし、上手くできなくて、毎回、毎回落ち込んで帰ってきます。

千原ジュニア:あるよねぇ。落ち込むよなぁ。

おのののか:『さんま御殿』とか、『ダウンタウンDX』とかも、戦場みたいじゃないですか。みんなバーバー喋って、その中でどこが使われるか、みたいな。

千原ジュニア:たしかに、落ち込むよなぁ。反省するために生まれてきたんちゃうかなって思うよね。

桂三度:ほっほっほ(笑)哲学やなぁ(笑)

千原ジュニア:『プレッシャーバトル』っていう、浜田さんの番組で。

桂三度:はい。

千原ジュニア:俳句とか、盛り付けのセンス、リズム感とかやるわけ。それで、横にT.M.Revolutionの西川貴教さんが居はるわけ。

桂三度:はい。

千原ジュニア:それで、浜田さんがいて。俺の隣に西川さんがいて。浜田さんが西川さんをイジるのに、「こいつ、毎年滋賀でライブやって、エライ儲けてはんねん」って言いはった時に、「あと、消臭力でねぇ」って言った時に、スタジオではドーンってなりましたけど、この一番効果的な使い方は、「ほな、さぞかし家にたくさんの消臭力、あるんでしょうね」の方が、飛距離があるかなって。

おのののか:あぁ、凄い(笑)

千原ジュニア:こんなん、言いながら反省してるもんな。

山本吉貴:違ったな、と?

千原ジュニア:違うなぁって。一番手前のやつをとってどうすんねんって。コンビニで言うところの、3つ奥のやつをとれた、って。

桂三度:やっと俺の好きな方の千原ジュニア出たわ(笑)

山本吉貴:はっはっはっ(笑)

桂三度:さっきの腹蹴られた話を流したの(千原ジュニア、ジムで「ダウニー入れすぎ!」と言われた女性に謝罪の手紙とどら焼きをもらう)、めっちゃ嫌いやったんですけど。今、めっちゃエェの出た。今日、帰って反省して欲しい(笑)

千原ジュニア:守りに入った感じやな(笑)…そんなことばっかり言うてるやん。「あの時、なんでアッチやなくて、コッチ言うてもうてん」ってなぁ。

桂三度:楽屋に帰りしなで思ってもうて(笑)廊下歩いてるときになぁ(笑)TMCの長い廊下で(笑)

千原ジュニア:すぐに思う。…『水曜日のダウンタウン』って番組、色んな説を紹介するってことで、出させてもらったわけ。

桂三度:うん。

千原ジュニア:それが、「金太郎、こんだけ知名度あるのに、誰もストーリー知らない説」って。

桂三度:あぁ、昔話の金太郎ね。たしかにそうかも。

千原ジュニア:マサカリ担いでとか。それくらいで。それはシーンであって、ストーリーではないやん。

山本吉貴:はい。

千原ジュニア:「あれ?そう言われればそうかな」って。知らんねん。あれって、実在した人物の話で、偉い殿様に「腕っ節強いねんから」って、家来にさせられて、出世した、みたいな。

桂三度:うん。

千原ジュニア:教訓もなく、「腕っ節の強い男が出世した」って話で。なんでこんだけ知名度あるのに、ストーリー知らないかって言ったら、「ストーリーがオモンないから」って。

桂三度:うん、オモンない。オモンない。

千原ジュニア:オモンないから。「出世したとさ…めでたし、めでたし」…なんやそれって。

桂三度:「力強い子供が、クマと相撲して勝った。それでクマに跨って行ったら、谷があって動物たちが困ってるから、木を引っこ抜いて橋にして良かった、良かった」って話やんな。それがみんな知ってるところで、「殿様が来て、家来になる」っていうのは、みんなが知らんところやん。

千原ジュニア:へぇ、知らん。…ってくらい、キャラクターは知ってるけど、ストーリーは全く知らない。これをさらにたとえる時に、俺は「てもみんみたいなもんですわ」って言うて。

桂三度:うん。

千原ジュニア:みんな、てもみん知ってるけど、あそこで「あんまりやってもらった人おらん」って。でも、これは非常にテレビ的じゃないやん。てもみんさんに、よろしくないから。これはオンエア、切られるよね。

桂三度:うん。

千原ジュニア:そこで、もう一個、たとえがあって。なんでそっち選ばんかったのか、と。「叶姉妹みたいなもんや。キャラクター知ってるけど、職業なんやねん、あの人ら」って。これやったら、オンエア乗るわって。

桂三度:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:日々、反省。

桂三度:俺、ずっと今、千原ジュニアのこと好き。この何分間か(笑)

【関連記事】
南キャン山里、橋本環奈 以外のRev. from DVLメンバーにアドバイス「自虐ネタで便乗したらどうか」

南キャン山里が語る、人間関係でストレスを減らす方法「他人を怒るより、自分が何をすべきか考えるべき」

南キャン山里が語る、仕事に意欲のない人を動かす方法「自分が頑張る姿を見せて『このままではダメだ』と思わせる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,桂三度,おのののか,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:ハライチ澤部、第一子誕生して間もないのに女優・高岡早紀にデレデレ

前の記事:千原ジュニア、『ケータイ大喜利』のスタジオの意味不明な張り紙に困惑