TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、ジムで「ダウニー入れすぎ!」と言われた女性に謝罪の手紙とどら焼きをもらう

千原ジュニア、ジムで「ダウニー入れすぎ!」と言われた女性に謝罪の手紙とどら焼きをもらう

2014.05.14 (Wed)
2014年05月13日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、以前にボクシングジムで初対面の女性に「ダウニー入れすぎ!」と言われたことの後日談について語っていた(千原ジュニア、初対面の女性にいきなり「ダウニー入れすぎ」と言われイライラ)。

このエピソードをラジオで喋ったところ、ネットニュースになり、その記事を目にした女性は、千原ジュニア宛に謝罪の手紙とどら焼きを送ったという。実は、その女性は千原ジュニアのライブにも出かけるほどのファンであり、距離の縮め方を誤った、ということのようだ。

うたがいの神様
うたがいの神様 (幻冬舎よしもと文庫)

千原ジュニア:彼女がいたのが5~6年前やから、もうイマイチどんな感じやったか、思いだされへんわ。

桂三度:思いだせないですか(笑)いよいよですか(笑)

山本吉貴:起きて、腹蹴られたって事件はいつでしたっけ?

千原ジュニア:お前、やめとけよ(笑)

桂三度:はっはっはっ(笑)すみません、三度スポーツですが、腹を蹴られたというのは…

千原ジュニア:これ、知ってる?また言うたらアレやけど…またニュースになってたんや。あることが。ここで言ったことが。

桂三度:何?何?

千原ジュニア:また言ったら、それがまた記事になるから、言われへんけど(笑)

桂三度:どれやったっけ?

千原ジュニア:あのね…もう、エェか。俺、悪いことしてへんから。結局、これを言うことがイヤやねんけど。言いたくないけど、たまたまそういう流れになったから、渋々言うけど…

桂三度:はい。

千原ジュニア:ジムでいきなり、「ダウニー入れすぎ」って、同じ年くらいのオバちゃんに言われたって話したでしょ(千原ジュニア、初対面の女性にいきなり「ダウニー入れすぎ」と言われイライラ)?

桂三度:あぁ、はいはい。

千原ジュニア:それがニュースになってんって。Yahoo!ニュースかなんかに。

おのののか:凄い(笑)

桂三度:ネタ無いんかい(笑)なんてニュースや(笑)

千原ジュニア:その文章が、悪意に満ち満ちてるわけ。

桂三度:あぁ。

千原ジュニア:「同じ年の女性のことをオバちゃんと言い」とか。そういう書き方やねん。

桂三度:オッサンやもんな、だって。

千原ジュニア:俺はオッサンや。だからエェし。あの話の本質っていうのは、そんなところじゃなくて、「もうそんなノーモーションからの右ストレート、初めてくらった」というところから、「タオル投げようかなと思ったけど、そのタオルにもダウニー入ってるから、投げられへんかった」みたいな、そこに面白味があるわけやん。

桂三度:うん。

千原ジュニア:っていうところは一切書かずに、「自分のことをどのように見られているか人一倍気になるジュニアは…」みたいな書き方をして。

おのののか:すごい(笑)

千原ジュニア:「それで、汗だくで帰って洗濯した、そのときにダウニーをちょっとだけにした」って言ったでしょ?そしたら「一応、ジュニアらしくオチは付けていたものの」って。

桂三度:はっはっはっ(笑)

山本吉貴:イヤな言い方(笑)

千原ジュニア:柔軟剤も全く効いてない記事やねん。

桂三度:ダウニー ゼロ(笑)

千原ジュニア:ダウニー ゼロの記事がまた載ったんやて。その記事を見せられて。「そんなのね、大阪のローカル番組なのに、もうローカルなんて無いんだ。言うたらYoutubeなんかもあるから、どこで流れてようが、地球ラジオや」と。地球のどこに居ても聴けるわけやねん。だから、earthを意識しながら俺はラジオをやっていこう、と。

桂三度:おぉ、エェやん(笑)

千原ジュニア:自転を感じながらね(笑)…そんな記事が載ったわけ。そしたら、ついこの間の土曜日に番組収録があって行ったら、楽屋に俺は全く知らない紙袋があって。どら焼きがあって。

桂三度:はい。

千原ジュニア:それが、ジムの女性から。

おのののか:えぇ?!

千原ジュニア:もうニュースになってるから、見てんねん。

桂三度:おぉ。

千原ジュニア:手紙が入ってて。俺なんかは、別にマジで言ってるワケちゃうやん。

桂三度:いや、マジはマジやん(笑)

千原ジュニア:マジはマジやで。「なんでそんなことを、初対面の人が言うてこれんの?」と思いながらも、こうやってラジオで喋ることもできるし、どっかで喋ることもできるから、どっか「すみません、ごちそうさまです」っていう思いがあるやん。

桂三度:はい。

千原ジュニア:やっぱり、何もない道と、トラブルのある道があったら、絶対にトラブルが起こる道を「えぇ?なんでやねん」って思いながらも行くのが芸人やんか。

桂三度:はい。

千原ジュニア:でも、そんな風に謝られたら…もう、そのことは喋られへんやんか。

桂三度:どら焼きはツライね(笑)

千原ジュニア:今、喋ってるけど(笑)

桂三度:誤解を解かんとアカンね。ダウニーおばさんに。

千原ジュニア:「すみませんでした」って、綺麗な字でお手紙をいただいたんですけど、"ジムのオバちゃんより"って書かれてて(笑)

桂三度:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:いやさぁ、そんな別に良いんですよ。そんなことしてもらわなくても良いんですけど、でも、多少なりとも「すみませんでした」って気持ちがある人の宛名ではないやん。イジられてるやん(笑)

山本吉貴:はっはっはっ(笑)終わりがないですね(笑)

千原ジュニア:イジられてるやん。「あなた、私のこと言ったんでしょ?」っていう。これね、無限地獄ですよ(笑)

桂三度:はっはっはっ(笑)

山本吉貴:面白いですけどね、これずっとやりとりしてたら(笑)

桂三度:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:凄いのは、その手紙をいただいた方は、「このことはメディアでは絶対に言わないでくださいね(笑)」って書いてあって。そうなってるから、俺は絶対にイジらんとこうって思ったんですよ。

桂三度:うん。

千原ジュニア:「ほら、ほら、ほら」ってなってるから。

桂三度:逆にな(笑)

千原ジュニア:うん。だから、たまたまこうなってもうてるから、こうして喋ってもうてるけど…これが本当にありがたいことに、ちょっとした言葉の語気を人間だから間違えることもあるじゃないですか。その方は、「ダウニー入れすぎ!」って言ってしまったけど、そういう意味ではなかった、ということが手紙には書かれていて。

桂三度:はい。

千原ジュニア:「10月くらいからジムに行き始めました。びっくりしたのは、5年前からチケット(千原ジュニアの40歳バースデーライブのチケット)を買ってました」と。

桂三度:ほぉ。

千原ジュニア:「家の近くの国技館で行われることや、色んなことがあり、距離の縮め方を間違えました」と。

桂三度:あぁ、じゃあエェんちゃう?

千原ジュニア:そうそう。

桂三度:「ジムのオバちゃんより」も、"(笑)"ついてるんちゃう?

千原ジュニア:そう思いつつなんですけどね。俺がなんで「オバちゃん」って言ったかというと、このラジオ、聞いてるリスナーに情景を浮かばせなアカンわけ。

桂三度:うん。

千原ジュニア:ってことは、誰もが描きやすい映像を浮かべるように、そこで「40代のお姉さんが」って言ったら、綺麗なのかどうなのかってややこしくなるやん。だから、俺は40代の人をトシとも若いとも思わへんけど、そこは「40くらいのオバちゃんが」って言った方が、浮かべやすいやん。同じ絵を。

桂三度:うん。

千原ジュニア:そういうところは、一切、書かずに「お前、同じ40代の人をオバちゃんって言うの?」みたいな。…そんなことがあったんですよ。

山本吉貴:難しいですね。

千原ジュニア:難しいですよ。だから、エピソードを話したら、「ジュニア、数年前に腹蹴られる」って出んのかなって(笑)

桂三度:あ、三度スポーツですけども(笑)

千原ジュニア:もう、エェわ(笑)帰れ、帰れ!(笑)

【関連記事】
千原ジュニアが語る、記者・ライターの仕事内容の変化「テレビ・ラジオでの発言を記事にして仕事になる」

伊集院光、自身の『アナと雪の女王』批判記事に「これからも思ったことを"ありのままに"喋っていきます」

爆笑問題・太田、めちゃイケ「阿呆方さん」への批判に「代理人が抗議することで小保方晴子を守ることにはならない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,ダウニー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:千原ジュニアが語る、所ジョージの尖った感性「高級時計の文字盤の中にビスケットを入れている理由」

前の記事:南キャン山里、ウーマン村本のTHE MANZAI不参加表明に「出場者は1年でノート4冊分くらいネタを書いて臨んでいる」