TOPたまむすび ≫ 南キャン山里、ウーマン村本のTHE MANZAI不参加表明に「出場者は1年でノート4冊分くらいネタを書いて臨んでいる」

南キャン山里、ウーマン村本のTHE MANZAI不参加表明に「出場者は1年でノート4冊分くらいネタを書いて臨んでいる」

2014.05.14 (Wed)
2014年05月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が火曜日MCとして登場。そこで、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔がTHE MANZAI 2014に不参加を表明したというニュースに対し、コメントしていた。

南海キャンディーズも、M-1 2004に出場した際は、毎日、劇場の舞台にM-1で披露したネタを行い、何度となくネタを作り直していったという。結果、ネタ帳4冊分にもなっており、それくらいの時間と熱量を費やさなければ、漫才のコンテストで良い結果は残せない、と語っていた。

ウーマンラッシュアワー 村本大輔の恨みと復讐のミルフィーユ
ウーマンラッシュアワー 村本大輔の恨みと復讐のミルフィーユ/中川パラダイスの癒しと優しさのセレナーデ [DVD]

ニュース記事:「THE MANZAI 2014 ウーマン村本は不参加を表明」

THE MANZAI 2014が今年も開催されることが12日発表されました。昨年王者のウーマンラッシュアワー・村本大輔さんが、自身のツイッターでさっそく、「今年は参加しない」意向を表明しています。

ツイッターでファンから「2連覇して実力を示してやって」というつぶやきには、「無理無理。俺は仕事、お前ら道楽」「漫才は倉庫で休んでもらってます」と、テレビと漫才の二股は成功しない、とバッサリ切り捨てているそうです。

山里亮太:うん。何が凄いって、これがニュースとして取り上げられるのが凄いよ。

赤江珠緒:たしかにね(笑)

山里亮太:何ってことないじゃない(笑)

赤江珠緒:でも、優勝して連覇、っていうのは大変ですもんね。

山里亮太:やっぱりウーマンラッシュアワーはTHE MANZAI優勝するまではテレビの仕事はほとんど無いわけで。漫才を作る時間っていうのは、物凄いあったわけ。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:だからこそ、漫才師がああいう面白い人たちの中で優勝を勝ち取れる。漫才って、やっぱりそれくらい時間を費やして、費やして作り上げたものを、ああいう戦う場で出すから優勝っていうものが付いてくるわけであって。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:それが出来なくなってる現状は、分かるじゃないですか。アイツは、テレビ出てるし。

赤江珠緒:そうですよね。お忙しいですよね。

山里亮太:だから、漫才に対して凄く時間を費やせない。その漫才で勝てる程、この大会っていうのは生ぬるくないよって表現なんだと思うよ。

赤江珠緒:『たまむすび』の金曜日担当の玉袋筋太郎さんも、この間、水道橋博士と漫才されたじゃないですか。その時の様子を話してらっしゃいましたけど、もう1日5~6時間練習して…「大ベテランの人でもしっかりそれくらい練習しないと漫才っていうのはダメだ」っておっしゃってましたからね。

山里亮太:そうね。やっぱり費やす時間と熱量かな。

赤江珠緒:うん。だから、「THE MANZAI出るんですか?」「出るはずないだろ、バカ」とバッサリ。「予選落ちが怖いんだ」というツッコミには、「落ちるに決まってるだろ。あんなもん、みんな1つのネタに1年以上かけて作る作品だよ。逆に、漫才ナメんな。俺は仕事、お前ら娯楽」と返答している、と。

山里亮太:ふふ(笑)アイツはなんで、こんなケンカしたがるんだよ(笑)

赤江珠緒:そうですねぇ。山里さん、この年代は(笑)

山里亮太:いや、年代でくくらないで(笑)私に関しては、別にケンカしようと思ってネットが荒れるわけじゃないんですから。

赤江珠緒:そうですよね。山里さんは、何もふっかけてないもんね。

山里亮太:そうよ。「おはよう」でも怒られるんだから。「朝に謝れ」だって。どうやって謝ったら良いのよ。

赤江珠緒:ふふ(笑)そうですね。

山里亮太:朝陽あがった時に、「ごめんね」って?

赤江珠緒:謝ってもらえますか(笑)

山里亮太:そっち派?(笑)…ごめんね、朝。目覚めちゃった(笑)

赤江珠緒:ねぇ。

山里亮太:まぁまぁ、私も人のこと偉そうに言えませんよ。実際、エントリーしてませんし。

赤江珠緒:そうですか。

山里亮太:怖いよ。俺ら、M-1 2004で世の中に出させてもらったのね。

赤江珠緒:はい。

山里亮太:その時は、あの時にやったネタの「医者になりたい」ってネタなんですけど、そのネタだけでノート4冊使ってますからね。

赤江珠緒:凄いね!4冊も?

山里亮太:使う、使う。だから、毎日、劇場に行ってあのネタやるでしょ?それで、面白かったボケは残して、面白くなかったところは外して、もう一回台本をゼロから書きなおして…とかやって、そんだけやって、やっとM-1グランプリで決勝に行けるのよ。

赤江珠緒:あぁ、なるほど。

山里亮太:だから、それくらいじゃないと、こんなに面白い人たちがいっぱいいる中に闘いに行くなんて、恐ろしくてできないもん。

赤江珠緒:あぁ、そうですか。

山里亮太:THE MANZAI出て、準決勝で負けたけど、「それは負けるわ」って思うもん。

赤江珠緒:ノート4冊?

山里亮太:みんなそれくらい書いてるよ。

赤江珠緒:そうですかぁ。

山里亮太:あと、ウチはシンプルに相方、ボクサーだし(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)今ね。

山里亮太:ヒゲ生えてるしね(笑)

【関連記事】
野村克也が語る、努力を継続する大切さ「努力に即効性はない。何年後かに差が出てくる」

オードリー・若林が明かす「南キャン・山里の隠れた努力」

バナナマン・設楽が語る「努力する方向性の重要さ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,村本大輔,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:千原ジュニア、ジムで「ダウニー入れすぎ!」と言われた女性に謝罪の手紙とどら焼きをもらう

前の記事:南キャン山里、橋本環奈 以外のRev. from DVLメンバーにアドバイス「自虐ネタで便乗したらどうか」