TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ ナイナイ岡村 やくみつる氏たちに一言もの申す?

ナイナイ岡村 やくみつる氏たちに一言もの申す?

2009.01.30 (Fri)
2009年01月29日放送の「ナイナイのANN」にて、大相撲に関するコメンテータたちに対する批判が行われていた。批判する原因となっていたのは、朝青龍の引退問題に関しての発言だった。昨年度の休場および、2009年1月場所は、場所前の横綱審議委員会稽古総見では調子が良くなく、進退問題も取り沙汰される状況となった。

このことに関して、やくみつる氏は「1勝2敗で3日目に引退するんじゃない? 体がどうこうより、要は相撲に執着そのものがないから」などと、まるで引退が決定していたような口ぶりだった。こうした発言に対して、岡村は「『引退するために土俵に上がっていた』などと発言していたコメンテータもいた。そんな状況で、朝青龍は優勝した。こうなると、もう格好悪いでしょ」と批判していた。

現に、やくみつる氏は、場所が始まると「おみそれしました。よもや中日まで無傷とは。 いままで相撲の何をみてきたんでしょうね」「土俵に対する気持ちが失われていたと思ってた。 事業も展開してるらしいし、心ここにあらずと」などと、まるっきりの予想外れのコメントに関して語っていた。

また、(優勝したら?の問いに)「さすがにそこまでは譲れない。 まだ、白鵬の勝ちっぷりの方が格段に上。とりこぼす可能性がある。 そうなってくれないかな」などと批判の論調を弱めていた。

こうした朝青龍への批判について、さらに岡村は以下のように語っていた。

岡村は「朝青龍が優勝したら、今度はガッツポーズを問題にし始めた。朝青龍が強かったものだから、今度はそこをイジるしかなくなった。言うことがなくなって、品格などと言わざるを得なかった」と話していた。

さらに、「朝青龍を批判する人たちは、本気で真剣にスポーツに取り組んだことがあるのか、と問いたい。死ぬ気でスポーツをしたことがありますか?朝青龍が、どんな気持ちで土俵に上がっていたか、分かりますか?ガッツポーズしても、いいじゃないですか」と朝青龍の態度の問題を批判する人たちへの苦言を呈した。「品格などを問題にしている人は、格好悪い」と再び繰り返していた。

さらに、「クルム伊達公子さんが、現役復帰したときに、播本勲が『こんなのね、出てくるべきじゃないよ!喝!』などと言っていた。でも、思ったよりも活躍していたので翌週、『アッパレ!』などと言い出していたのには、ぞっとした」と、頑張っているスポーツ選手を、むやみやたらに批判するコメンテータたちを自重するように求めていた。

【関連記事】
ナインティナインのANN トーク集

ナイナイ岡村が、よゐこ有野を妬む理由?

やくみつるの昆虫審議委員会 [DVD]
やくみつるの昆虫審議委員会 [DVD]やくみつる

ビデオメーカー 2008-12-19
売り上げランキング : 110653


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:伊集院光 「爆笑問題・田中が兄貴風を吹かせる」

前の記事:おぎやはぎ・小木「雨上がり・蛍原に出産報告しないワケ」