TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、「結婚したら丸くなってしまう」と躊躇していた後輩芸人に結婚を決意させた言葉

千原ジュニア、「結婚したら丸くなってしまう」と躊躇していた後輩芸人に結婚を決意させた言葉

2014.05.07 (Wed)
2014年05月06日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、後輩芸人のプラスマイナス・岩橋良昌が結婚を躊躇っていた際、結婚に踏み切るよう決意させた言葉について語っていた。

岩橋は、「結婚したら、丸くなってしまう」と思い、芸人としては結婚しない方が良いのではないか、と考えていたという。そこで、千原ジュニアが結婚すべきである、と説得したときの言葉について語っていた。

ジュニア千原のすべらない話
ジュニア千原のすべらない話 [DVD]

山本吉貴:僕は草野球やってまして、チームメイトにプラスマイナスの岩橋(良昌)くんがいるんですよ。

千原ジュニア:ほう。

山本吉貴:岩橋くんにはクセがありまして、「やるな」と言われたらやってしまったり、「この状況でやったらアカンな」って思うことをやりたくて仕方がない、という。

千原ジュニア:うん。

山本吉貴:野球って、声を掛けるときって、岩橋がバッターボックスに立ったとき、先輩が「ボール見ていけよ」とか「クサイ球、手を出すなよ」とか、アドバイスをするんですけど、それが気になるというか。だから、ボール球とか打とうとするんです。

千原ジュニア:うん。

山本吉貴:「打つな、言うたやんけ」って言うと、なんかそこそこ気持ち良さそうな顔で返ってきよるんですよ。それでアウトになるじゃないですか。

千原ジュニア:うん。

山本吉貴:だから、これどうしたらエェのかなって思って、打つなっていうたら、打つので、逆に、チャンスの時に「打つな、打つな。お前みたいなもんは立っておけ」って言うたら、レフトオーバーを打ちよったりするんですよ。

千原ジュニア:へぇ。

山本吉貴:やっぱり、逆をいけばいいのかって思って。そんな話をしてて。

千原ジュニア:うん。

山本吉貴:岩橋が、東京にきて「クセを出したらアカン」って思って、ずっと我慢してた時の話聞きました?

千原ジュニア:知らん。

山本吉貴:ずっと我慢してたんですって。それで「ギューン!」ってクセがあるじゃないですか。腕を組んで、足をピンってしながら「ギューン!」って言うというクセ。そのクセをやりたくて、ずっと我慢して。MAXで出てもうたんですって。

千原ジュニア:うん。

山本吉貴:ほな、壁を突き破って、隣の家の金魚鉢を割ったって(笑)

桂三度:えぇ~!

千原ジュニア:らしいな。

桂三度:漫画やん(笑)

山本吉貴:漫画なんですよ。慌てて謝りに行って。岩橋が「壁も直して…」って言ってるんですけど、隣の人も、そんなことしてくると思ってへんから(笑)

桂三度:金魚鉢の金魚が、床でパタパタってして「Oh!NO!」って言うやつやん(笑)

山本吉貴:ホンマに漫画ですよね(笑)

千原ジュニア:ラーメンを家で作って、どんぶりを置いて、ギリギリのところを水平チョップしたねんって。

桂三度:ほぉ。

千原ジュニア:どんぶりの上、ギリギリのところを。

桂三度:うん(笑)

千原ジュニア:夜中、何回も残飯掃除したって(笑)

桂三度:やってんのかい(笑)

千原ジュニア:うん(笑)それで、アイツ結婚したやろ?

山本吉貴:はい、しましたね、最近。

千原ジュニア:結婚するきっかけになったのは、俺なんですよ。

山本吉貴:え?

千原ジュニア:俺の番組に、その話を持ってきて。アイツ、しょこたんの大ファンで。「しょこたんが結婚しない限り、俺の可能性も0 %じゃない」ってことで、彼女いるのに結婚せぇへんみたいなことを言い出して。

桂三度:ほぉ。

千原ジュニア:「お前、何言うてんねん」と。「お前と付き合ってくれて、こんな可愛らしい子やんか」と。

山本吉貴:うん。

千原ジュニア:「でも、僕は芸人として、結婚したら丸くなってまうというか、そういう無茶苦茶・破天荒な部分が削がれてしまうんじゃないかと思うと、怖いんです」と。

桂三度:うん。

千原ジュニア:「いや、あのな…ブレーキ付いてないクルマに誰が乗りたいねん。ブレーキが付いてて、アクセルが付いてんねん」と。「あぁ、そうなんや!」とエライ感銘を受けたらしく、それで結婚することになった、と。

山本吉貴:はい。

千原ジュニア:それで結婚の挨拶にきて。「今は、ラーメンも2人で掃除してます」と(笑)

桂三度:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:「まだやってんのかい!」っていうね(笑)

桂三度:スゲェなぁ(笑)

千原ジュニア:それも怒らずに、一緒に掃除してくれんねんって。

桂三度:いやぁ、エェ人見つけたなぁ(笑)

千原ジュニア:エェ人、見つけてん。それで結婚式があるんですけど、催し物をしたい、と。それで「ジュニアさん、2人で漫才をやろうと思ってるんですけど、なんか今までにない披露宴で芸人がやって盛り上がること、感動を呼ぶことなど…なんかジュニアさん、考えてもらえませんか?」って言われてん。

山本吉貴:はっはっはっ(笑)凄いオファーや(笑)

千原ジュニア:うん。それで、「これどうや?…その月のガチの給料明細を音読するってのは」と。「僕はまだこんなものですけど、これ以下になることは絶対にありませんし、これを何十倍、何百倍にします」っていうのを提案して。「芸人、関係者、向こうのご両親、親戚の前で給料明細を音読ってのはどうですか?」って。

桂三度:うん。

千原ジュニア:「良いですねぇ」って。それ、多分やるみたいなんやって。

桂三度:盛り上がりそう。

千原ジュニア:なぁ。「意外ともろてるなぁ」ってなるかも分からへんし(笑)

桂三度:はっはっはっ(笑)

千原ジュニア:「あれ一本、そんなにもらってるの?」とか。

桂三度:同じ営業いった芸人とかもね。

千原ジュニア:オモロイのあるやん。「タレントロイヤリティー 4円」とか。これ何やねん、みたいなのもあるし。

山本吉貴:なるほど、良いですね、それ。

千原ジュニア:披露宴の時は、低かったら低いほどエェなぁ。

桂三度:ジュニアさんもいつ結婚するか分かりませんけど、ジュニアさんの結婚式でもやって欲しいですねぇ。

山本吉貴:「お祝い、返せ」ってなりますよ。

桂三度:なるなぁ(笑)

【関連記事】
明石家さんまが語る、千原ジュニアの事故から芸人復帰を決意させたきっかけ

千原ジュニア、10人以上の後輩芸人を巻き込んだ兄弟ゲンカをしていた

千原ジュニアが語る、礼儀正し過ぎるとんねるず石橋貴明「大先輩なのにちゃんと丁寧に挨拶」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,プラスマイナス,岩橋良昌,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:南キャン山里、GW中にギックリ腰になり病院受診もできず「歩く姿は近所の子からゾンビと」

前の記事:桂三度が語る、妻と先輩芸人・東野幸治との"浮気"