TOPたまむすび ≫ 博多大吉、ゲーム『妖怪ウォッチ』にハマる「メダル作ってんのか?どこに売ってんだよ」

博多大吉、ゲーム『妖怪ウォッチ』にハマる「メダル作ってんのか?どこに売ってんだよ」

2014.04.18 (Fri)
2014年04月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑いコンビ・博多華丸・大吉の博多大吉が、Nintendo 3DS向けゲーム『妖怪ウォッチ』にハマって、そのグッズ・妖怪メダルが手に入らない現状について語っていた。

妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ

博多大吉:今週は、『妖怪ウォッチ』についての特集ですが…『妖怪ウォッチ』の妖怪メダルなんですが、このグッズが本当にどこに行っても売り切れてて。「作ってんのか!」と、逆に。

赤江珠緒:そうですか(笑)

博多大吉:「本当にあんのか?売ってるのか、そのメダル。この野郎!」っていうね。そういう一部の大人が激怒している『妖怪ウォッチ』のピークを探ります。あまりみなさん、ご存知ないようで。

赤江珠緒:私も全然知らなくて。「そういう時計があるのかしら?」って思ってたくらいで。

博多大吉:グッズがあるんですよ。「売ってんのか?」と。広告には出とるけども、どこに行けば買えるんだ、と。

赤江珠緒:そんなに手に入らないんですか。

博多大吉:『妖怪ウォッチ』って、アニメでありゲームであり、グッズであるんですよ。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:ご存知ない方に、1分30秒で分かる『妖怪ウォッチ』ってものを作りましたので、まずはこちらをお聴きください。

赤江珠緒:お願いします。

ナレーション:2013年1月から、『月刊コロコロコミック』で連載が始まり、7月には任天堂3DSのゲームが発売。また、今年の1月からは、テレビ東京でアニメ放送がスタートするなど、小学生の間で絶大な人気を誇る『妖怪ウォッチ』。

主人公は、さくらニュータウンに住む小学5年生、天野景太(あまのけいた)。偶然出会った妖怪・ウィスパーから不思議な腕時計を手渡され、妖怪が見えるようになった景太は、妖怪ウィキウィキペディアをもとにしたウィスパーからのアドバイスで、数々の妖怪と友達になっていきます。

これまでに200種類を超える妖怪が登場。中でもネコの地縛霊・ジバニャンは一番人気となっています。また、妖怪ウォッチに差し込むことで、友達になった妖怪を召喚することができる妖怪メダルは、物語のキーポイントになっていて、1月に発売された『DX妖怪ウォッチ』と『妖怪メダル』は各販売店で品切れ。さらに、3月14日に東京駅1番街にオープンした店舗、『妖怪ウォッチ 発見妖怪タウン』は、人気がありすぎて、わずか2日間で営業停止。一昨日、4月14日から抽選による予約入れ替え制で営業を再開させたばかりです。

博多大吉:赤江さんも「おっ!」ってなったのが、この東京駅1番街店にオープンしたショップが、2日間で営業停止になった、ということですね。

赤江珠緒:そうですね。

博多大吉:そういう妖怪ウォッチのグッズの専門的として色々売るよってなったんですけど、オープンして人が押し寄せ過ぎて、あっという間に売るものが無くなったんですよ。

赤江珠緒:あぁ、完売で。

博多大吉:完売で。2日目の中盤からやることなくて。あとは店員さんも愛想笑いしかできなかったですからね。

赤江珠緒:凄いですね。お店出すってなったら、それなりに用意してたでしょうに。

博多大吉:それが2日で売り切れですよ。

赤江珠緒:私は、このウィスパーが可愛いと思いましたね。

博多大吉:物語は、小学生がウィスパーって妖怪に出会って。ウィスパーっていうのは、執事妖怪なんですよ。

赤江珠緒:生クリームじゃないんだ(笑)

博多大吉:雲のお化けみたいですけど、色んなアドバイスをして、妖怪を捕まえにいくというか、友達になりにいくんですよ。

赤江珠緒:あぁ。

博多大吉:街中に、妖怪がいる。それで、妖怪ウォッチをつけると、妖怪が見える。その妖怪と戦って、妖怪の好きな食べ物を投げつけて…

赤江珠緒:一回、戦う?

博多大吉:一回、戦います。やっぱり。

赤江珠緒:それで服従させる?

博多大吉:バトルで勝つと「お前、強いな。俺と友達になってくれよ」みたいな感じで、妖怪が友達になってくれるんです。

赤江珠緒:ケンカ後、友達。

博多大吉:そうやって妖怪が200数十種類いるんで、それを集めながらやっていくってゲームなんですよ。

赤江珠緒:ジバニャンが人気?

博多大吉:そうですね。地縛霊のネコなんですけどね。

赤江珠緒:腰に腹巻きしてて。

博多大吉:なんでジバニャンは地縛霊になったかというと、女の子に飼われてたペットなんですけど、トラックにはねられて死んじゃうんですね。

赤江珠緒:あら。

博多大吉:それを見た時に、飼い主の女の子が「ダサっ」って言ったんですって。

赤江珠緒:え?「ダサっ」って言ったんですか?

博多大吉:はい(笑)それでジバニャンは死にきれなくて、「これからはトラックに負けないネコになろう」と。

赤江珠緒:こんな可愛い絵なのに(笑)

博多大吉:こういうブラックユーモアが人気の秘密なんですって。僕は漫画はそこまでは読んでないですけど、どうやら子供たちの間では、そういうブラックユーモアもヒットのポイントで。

赤江珠緒:セミまる?

博多大吉:セミまるもいますよ。

赤江珠緒:百人一首しかしらないですけど。

博多大吉:セミの妖怪ですね。セミまるはやがて、かげマルになって、ひぐらしマルになりますね。

赤江珠緒:ちゃんと刀差してる。

博多大吉:本当に、ブームを知らないのは、この『たまむすび』の水曜スタッフだけですよ。メールも7,000通きてますから。

赤江珠緒:盛ってますね(笑)

【関連記事】
おぎやはぎ小木、娘に『アイカツ!』のカードを50枚近く一気に買い与える

おぎやはぎ矢作、『アイカツ!』の課金システムに「小遣いの額を超えた親ありきのゲーム」

バカリズム、『龍が如く 維新!』でおりょうとのデートを堪能「ゲームの進化で、結婚しなくて済む」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 妖怪ウォッチ,博多大吉,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:博多大吉、『妖怪ウォッチ』グッズの転売屋に怒り「子供の分を大人が買ってはいけない」

前の記事:おぎやはぎ矢作、『アイカツ!』の課金システムに「小遣いの額を超えた親ありきのゲーム」