TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、『アイカツ!』の課金システムに「小遣いの額を超えた親ありきのゲーム」

おぎやはぎ矢作、『アイカツ!』の課金システムに「小遣いの額を超えた親ありきのゲーム」

2014.04.18 (Fri)
2014年04月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、バンダイのアーケードゲームである『アイカツ!』をプレイしたい娘の付き合いで、ゲームセンターに出向いた、と語っていた。

データカードダス アイカツ!ラブムーンライズコレクション
データカードダス アイカツ!ラブムーンライズコレクション

前の記事:おぎやはぎ小木、娘に『アイカツ!』のカードを50枚近く一気に買い与える

小木博明:『アイカツ!』が今、流行ってるんだよ。ズルいよなぁ、あのシステム。

矢作兼:いや、分かるよ。

小木博明:カネを使わせよう、使わせようとしてね。女の子って、アイドルに憧れるんだね。

矢作兼:当たり前でしょ、それは。でも、買いすぎだろ(笑)

小木博明:でも、みんな買うと思うよ。5枚は悲しいよぉ。それだけ持ってんの(笑)

矢作兼:それだけで勝負するのカッコイイじゃん。ドラマだったら、そっちを応援するだろ。

小木博明:そうだね。

矢作兼:いっぱい買い与えた子は、主人公にはなれないよ。

小木博明:でも、娘のことになったら、そういうことになっちゃうんだよなぁ。あとね、レアアイテムってあるんだよね。それ、選んで買えるわけじゃないから。

矢作兼:そうだね。

小木博明:そうすると、それが何千円とかで取引されてるんだよ。

矢作兼:分かる。でも、ああいう人たちっていっぱい買ってるから、「なんでこれくれるの?」って人がいるの。ダブったのとかくれたりね。

小木博明:くれるのは良いけど、2~3,000円で取引するって…子供同士の話で、それはさすがにヤバくない?

矢作兼:これって、親がありきのゲームだね。子供のお小遣いで遊べるゲームじゃないじゃない。俺らが低学年のとき、1日100円で金持ちだったからね。

小木博明:駄菓子屋で時間潰せたよ。

矢作兼:俺らの頃は、30円でゲームできたからな。パックマンとかさ。座ってやるんじゃなくて、立ってやるボックス型のゲームで。日除けみたいな布がついてて。

小木博明:うん。

矢作兼:100円で3回できんだよ。

小木博明:ギャラクシーとギャラガとか、やった覚えあったな。

矢作兼:うん。あれが30円で、だいたいゲーセンでは1ゲーム50円でね。

小木博明:それが今、100円が当たり前だからね。でも、矢作と行ってた頃は、50円で良いからね。50円でヒマ潰せるから。

矢作兼:そうだよ。

小木博明:俺は矢作の応援してるだけだけどね。

矢作兼:自分でやめようと思わなかったら終わらない、というね。レベル99で、得点も99999…って。全部画面上の数字を9にできるからね。

小木博明:凄いんだよ(笑)

矢作兼:クソメンみたいじゃねぇかよ、俺(笑)

【関連記事】
おぎやはぎ小木、娘に『アイカツ!』のカードを50枚近く一気に買い与える

伊集院光が語る、レースゲームの最先端『Forza Motorsport 5』

伊集院光「もはや映画のゲーム『BEYOND:Two Souls』」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,小木博明,矢作兼,アイカツ!,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:博多大吉、ゲーム『妖怪ウォッチ』にハマる「メダル作ってんのか?どこに売ってんだよ」

前の記事:おぎやはぎ小木、娘に『アイカツ!』のカードを50枚近く一気に買い与える