TOP言いにくいことをハッキリ言うTV ≫ マキタスポーツ、現在のJ-popアーティストに「自分たちのファンばかりでなく大衆に向けて真価を問え」

マキタスポーツ、現在のJ-popアーティストに「自分たちのファンばかりでなく大衆に向けて真価を問え」

2014.04.16 (Wed)
2014年04月15日放送のテレビ朝日系の番組『言いにくいことをハッキリ言うTV』(毎週月 24:15 - 24:45)にて、お笑い芸人のマキタスポーツが、自分たちのファンだけに向けて曲を作るのではなく、大衆に向けて楽曲を作り、真価を問うべきだ、と語っていた。

推定無罪
推定無罪

前の記事:マキタスポーツが語る、J-pop楽曲が似た歌詞ばかりになるワケ「コンペ制度の存在」 からの続き

マキタスポーツ:「パクらないアーティストは、大物にならない」

太田光:ってことは、大物は全員パクリだってこと?

マキタスポーツ:なんてことを言ってしまったんだろう(笑)…桑田さんにしても、ユーミンにしても、"引き受けてる人"っていると思うんですよ。

太田光:うん?

マキタスポーツ:自分の出したいオリジナリティや趣味嗜好ってものは、優先順位として下げておいて、みんなが共有できる、みんなが好きなものを歌うことを任務として"引き受けてる"人、巨大な存在、化け物が必要なんですよ。

田中裕二:そうかもしれないですね。

マキタスポーツ:小賢しいことをやってるのは、まだ子供なんですよ。国民の代表となって、みんなを満足させる意味合いもあって、パクってるんですよ。

田中裕二:なるほど。

太田光:僕、たまに桑田さんにメールするんですけど、新曲を出すでしょ?そうするとね、「AKBに負けた!」って悔しがってるんです。「えぇ?あそこと戦うの?」って。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:それがやっぱり凄まじいなって思って。

マキタスポーツ:今の世代の人たちって、自分の限られたコミュニティに向けて発信する音楽っていうのを、作り過ぎているんですよ。その時には、過激な音楽的な仕掛けをやっても通用しますよね。だって、そういう狭いところに向けて作って、それが分かる人たちには、分かるんですよ。

太田光:うん。

マキタスポーツ:そんな狭いところにいないで、もっと真ん中に出てこいよ、と。人の非難を浴びるかもしれないところに立てよ、と。そこで真価を問おうよ。パクってでも、みんなが受け入れられるものを使ってでも、「本当に良いものは良いんだ」っていう、「一番難しいところでチャレンジしてみろよ!」って話なんです。

太田光:なるほど。マニアックなところで、自己満足してんじゃねぇぞ、と。

マキタスポーツ:そうなんです。その時に、パクリも辞さないって考え方ですね。

【関連記事】
マキタスポーツが語る、J-pop楽曲が似た歌詞ばかりになるワケ「コンペ制度の存在」

爆笑問題・田中、直接的な表現しかない最近の曲に苦言「幼稚な歌詞ばかり」

伊集院光「鼻歌で作曲する加藤ミリヤは、なぜ佐村河内守のように批判されないのか?」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : マキタスポーツ,爆笑問題,太田光,田中裕二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  言いにくいことをハッキリ言うTV
次の記事:音楽家・中塚武が語る、有名ミュージシャンがLAで録音したがるワケ

前の記事:マキタスポーツが語る、J-pop楽曲が似た歌詞ばかりになるワケ「コンペ制度の存在」