TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 番組出演が減った品川祐、テレビ出演を獲得した新手な方法「映画を撮ると宣伝で出られる」

番組出演が減った品川祐、テレビ出演を獲得した新手な方法「映画を撮ると宣伝で出られる」

2014.04.09 (Wed)
2014年04月08日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、品川庄司・品川祐がゲスト出演し、自身が監督を務めた最新作・映画『サンブンノイチ』について語っていた。

お笑いコンビ・爆笑問題の太田光も現在、映画作成にとりかかっており、次々と映画を発表する品川に太田が「待った」をかけていた。その中で、品川が映画を撮る理由の1つとして、意外な理由を挙げていた。

サンブンノイチ オリジナル・サウンドトラック
サンブンノイチ オリジナル・サウンドトラック

太田光:お前もう、ちょっとペース落としてくんねぇかな。俺も映画やろうと思ってんだからさぁ。勘弁してよ。

品川祐:いやいや…だって、映画監督しないと、バラエティの仕事、バリバリ減ってきてるから(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

品川祐:監督しないと(笑)でも、監督すると宣伝でテレビ出られるから。

太田光:そういうことか(笑)もうちょっと、ペース落として良いんじゃない?俺、1つ撮るから、それが終わるまで待ってくれない?

品川祐:イヤです。(その間に)3本くらい撮る(笑)

太田光:いやいやいや(笑)

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:とりあえず、俺は今日、こんだけ褒めた(品川祐、映画『サンブンノイチ』を爆笑・太田に褒められ照れる「リアクションの運動神経が悪くなった」)わけだから、俺の方も褒めて(笑)

品川祐:それやめて(笑)それ言うと、双方に良いことないから(笑)

田中裕二:そうなんだよね。本気で褒めようと思っても…

品川祐:俺は、本気で『マボロシの鳥』良いと思ったのに。

太田光:処女作ね。

品川祐:うん。本気で褒めてるのに、「褒めて、褒めて」って言うから。「まだ足りない」とか。

太田光:まだ足りないよ(笑)

品川祐:だって、俺がブログで小説褒めたのを、テレビで「品川がブログで褒めちゃってさぁ」ってわざわざ言うんですよ。

太田光:はっはっはっ(笑)カネ払うから褒めて。

品川祐:だから、双方に良いことないから(笑)

太田光:だって、品川は監督の実績もあるから。もう3本だろ?

品川祐:はい。

太田光:これは、監督としての意見になるからね。

田中裕二:本当に、そうだよ。

太田光:職業監督でも、こんだけコンスタントに撮れてる人っていないんじゃない?

品川祐:ありがたいことに、撮らせてもらってます。

田中裕二:ねぇ。それで成立してるから。

太田光:あとは、劇団ひとりがコケてくれると良いなぁ。

田中裕二:良いなぁ、じゃねぇよ(笑)

太田光:アイツにまでこんな風になってほしくない。

品川祐:映画館でCM観たけど、また面白そうでしたけどね、やっぱり。

太田光:『青天の霹靂』ね。でも、アレ、売れなかったんだよ。

田中裕二:『陰日向に咲く』の次の第二弾ね。

太田光:『陰日向に咲く』の方が、面白かった。

品川祐:『青天の霹靂』も面白かったですけどね。

太田光:まぁまぁだったな(笑)

田中裕二:みんなには、自分の小説を褒めろだなんだって言っておいて、それはないでしょ(笑)

品川祐:『青天の霹靂』も面白かったけど、『青天の霹靂』ほどじゃないですね(笑)でも、やっぱり面白いですよ。

太田光:よくできてるけどね。

品川祐:もしかしたら、『陰日向に咲く』よりも映画的かもしれないですね。

太田光:映画を意識した可能性はあるね。ただ、売れなかった(笑)

品川祐:太田さんがそうやってけなすから、俺、褒めざるを得ないじゃないですか。自分の映画の話したいのに(笑)

【関連記事】
映画監督・品川祐、演出家・蜷川幸雄にアダ名「演出クソ野郎」

品川祐、映画の主題楽曲に→Pia-no-jaC←を起用したワケ「一目惚れです」

品川祐、映画『サンブンノイチ』を爆笑・太田に褒められ照れる「リアクションの運動神経が悪くなった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,品川祐,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:映画監督・品川祐、映画賞受賞に意欲「みんなに恩返しできるから」

前の記事:映画監督・品川祐、演出家・蜷川幸雄にアダ名「演出クソ野郎」