TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、『いいともSP』ダウンタウンと爆笑問題の共演に「何かあったらすぐに出ようと構えていた」

明石家さんま、『いいともSP』ダウンタウンと爆笑問題の共演に「何かあったらすぐに出ようと構えていた」

2014.04.07 (Mon)
2014年04月05日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが3月31日放送の『笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号』について語り、「不仲説」の流れていたダウンタウンと爆笑問題の共演に身構えていたことを明かしていた。

本人vol.11
本人vol.11

前の記事:明石家さんま、『いいともSP』で"喋り過ぎること"を依頼されていた「本当はラスト登場のはずだった」

明石家さんま:前日に、ダウンタウンの松本(人志)と、千原ジュニアの舞台で一緒だったんで。「明日、よろしくお願いします。あとで僕ら出て行くと思うんで」って言われて。

道重さゆみ:はい。

明石家さんま:「エェねん。俺はちゃんと15分やって、スッと帰るから」って。

道重さゆみ:ふふ(笑)

明石家さんま:「ファンも、お前ら観たいやろうし、ナイナイも観たいやろうし。俺は15分でバッとやって帰るから。そんなん、俺の番組ちゃうから。タモリさんのフィナーレやから。俺がそんなに長居してもアカンし。ほんなら、お前ら、頼むで」と。それで、「よろしくお願いします」って。

道重さゆみ:はい。

明石家さんま:ほんなら、タモリさんも多分、段取りを分かってへんで。「ありがとうございました~」とか、誰も言ってくれないんですよ。

道重さゆみ:あぁ、なるほど。

明石家さんま:だから、こうなったら居なきゃアカンから。多分、狙いやったとは思うんですけど。「ありがとうございました~」みたいなきっかけが何もないから、帰れないんですよ。

道重さゆみ:あぁ、そっかぁ。

明石家さんま:それで、気がついたら、1時間くらい喋ってたんですよ(笑)

道重さゆみ:はっはっはっ(笑)気がついたら(笑)

村上ショージ:分かるでしょ。時間予測できるでしょ?

明石家さんま:できるよ(笑)…「あぁ、しもた。これはディレクターたちの思い通りになってしまった」と。でも、自分の番組やないから。自分の番組なら、思い切りそういうことをするんですけど。

道重さゆみ:はい。

明石家さんま:これはタモリさんもいるし。客席にはそうそうたるメンバーの人がいるんですよ。後ろに100人、一般のお客さんがいて。

道重さゆみ:豪華。

明石家さんま:豪華っていうか、演者としてはそんなやりにくいことはない。

道重さゆみ:一緒にトークするならまだしも、観てるだけですもんね(笑)

明石家さんま:そんな人たちに見させるっていうのもね。物凄い空気が流れるんですけど。10分くらい経ってから、いい感じに客席がなったから、俺はそれで満足だったんですよ。

道重さゆみ:はい。

明石家さんま:「客を起こす」って表現するんですけど。「客は起きたから、これでエェ空気でいけるな」って思って。そこでやめようって思ってたんですけど、もうCM明けに「日本一の最低男」のテーマが流れて。「また、喋らすかぁ」って感じでいたんですよ。

道重さゆみ:あぁ、そうなんですか。

明石家さんま:狙い通り、ダウンタウンとウンナンが出てきて。俺がガムテープ貼られて。若手のお笑いは「ガムテープもあんな笑いあるんですね」って、感動して帰って行ってくれましたけど。「だから、お前ら俺と共演するときはガムテープ持ってこいよ」って(笑)

道重さゆみ:ぜひ(笑)

明石家さんま:それで、そこまでは良かったんですけど、誰かが「おい!みんな出てこい。出たいヤツ出てこい!」ってことを言いよったんですよ。

道重さゆみ:あぁ。

明石家さんま:俺は、ダウンタウンとウンナンで、その後にナイナイが出てきて、そこで終了するって思ったら、みんな爆笑問題とか。出たくて仕方なかったやろうし。バーって出てきよったんですよ。

道重さゆみ:はい(笑)

明石家さんま:それで、とんねるずも楽屋からブワーって走って、この空気の中にいよう、と。

道重さゆみ:はい。

明石家さんま:俺は、深くは知らないけど、爆笑問題が出てきたときに、「あれ?これダウンタウンと大丈夫か?」って思って。口にテープ貼られながら、「何かあったら出てあげなアカン」って思って(笑)ずっと構えてたんですよ。

道重さゆみ:はい(笑)

明石家さんま:ほんなら、事なきを得て。

次の記事に続く:明石家さんま、『いいともSP』での爆笑問題・太田の田中康夫襲撃は、ビートたけしのパロディと明かす

【関連記事】
石橋貴明の闘志を燃やさせていた、松本人志「とんねるずと共演でネット荒れる」発言

千原ジュニア、『いいともSP』直前の明石家さんまに頼まれたこと

松本人志が語る「とんねるず共演NG」になったワケ「若手時代『やるか、やられるか』だった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ダウンタウン,爆笑問題,明石家さんま,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、『いいともSP』での爆笑問題・太田の田中康夫襲撃は、ビートたけしのパロディと明かす

前の記事:明石家さんま、『いいともSP』で"喋り過ぎること"を依頼されていた「本当はラスト登場のはずだった」