TOPワイドナショー ≫ 中居正広が語る、『笑っていいとも!』を中心としたタモリの生活「今は何を…」

中居正広が語る、『笑っていいとも!』を中心としたタモリの生活「今は何を…」

2014.04.06 (Sun)
2014年04月06日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志、東野幸治、SMAP・中居正広らが32年の歴史に幕を下ろした『笑っていいとも!』を終えたタモリについて語っていた。

中居正広in「模倣犯」―ピースの世界
中居正広in「模倣犯」―ピースの世界

中居正広:『いいとも』終了は、やっぱり寂しいですね。

松本人志:まぁねぇ。

中居正広:今、終わって4日間ですけど、今日、メンバーと話しましたけど、まだフワフワ、フワフワしてます。

松本人志:そうか。

中居正広:やる気ない感じです(笑)やる気あるんですけど。

松本人志:心、ここにあらず、といった感じで。

中居正広:ずっと香取(慎吾)くんと、草なぎ(剛)くんとも話しましたけど。今日、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録やTBSの歌番組撮ってたんですけど、「フワフワしてない?」って。

松本人志:うん。

東野幸治:どうしてるんですかね?今、タモリさん。

中居正広:タモリさんって、6時に起きて、『いいとも』終わって2時にそこから必ずディレクターさんとご飯食べに行って。それで、夕方くらいに帰るんですって。

東野幸治:はい。

中居正広:それが毎日で。6時から18時じゃないですか。となると、『いいとも』1本で12時間なわけですよね。お食事も含めて。

東野幸治:はい。

中居正広:その12時間を埋めるのって、なかなかだと思いますよね。

百田尚樹:タモリさん自身は、32年間、サラリーマンのように生活してるんですよね。

中居正広:うん。

百田尚樹:サラリーマンって、だいたい30年間くらいで終わるんですよ。

東野幸治:あぁ、そうか…。

百田尚樹:本当に、サラリーマンとして、最後まで定年勤めたって感じですね。

東野幸治:32年間の帯の生放送は…

百田尚樹:凄いですよ。

中居正広:32年間、続けてることとか、無いですからね。

東野幸治:そうですよね。タモリさんの芸風というか、あのスタンスがもしかしたら32年間続けさせたのか。それとも、もともと、そういう素養があったのか分かりませんけども。

中居正広:うん。

東野幸治:フジテレビにとっても、日本のテレビ界、バラエティ界においても。

松本人志:ビックリでしたね。

東野幸治:ねぇ。

中居正広:歴史っていうか、1つの時代が終わったという感じというか。

松本人志:まぁ、吉永小百合さんの映画の宣伝が入ってたのが、若干気になりましたけども。

中居正広:全然、入ってないですよ(笑)

松本人志:俺だけかな?(笑)

東野幸治:松本さんだけでございます(笑)

【関連記事】
中居正広、『いいともSP』のダウンタウン、とんねるずらがいる中で仕切るように指示されていた

タモリ、『いいとも』からの初仕事は土曜日収録の『タモリ倶楽部』だった

タモリ、『いいともSP』の出来に大満足「スピーチだけで番組が出来るバラエティの凄さ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ダウンタウン,松本人志,東野幸治,中居正広,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー
次の記事:オードリ若林、『いいとも』でタモリに出会った思い出「社員は怒ったけど、タモさんが喜んでくれた」

前の記事:中居正広、『いいともSP』のダウンタウン、とんねるずらがいる中で仕切るように指示されていた