TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・田中、特撮ヒーローのCM使用に批判「誰が喜ぶんだ」

爆笑問題・田中、特撮ヒーローのCM使用に批判「誰が喜ぶんだ」

2014.03.26 (Wed)
2014年03月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、爆笑問題の田中裕二が、ウルトラマンなどの特撮ヒーローのCM使用について、批判していた。

ウルトラファイト スーパーアルティメットBOX
ウルトラファイト スーパーアルティメットBOX [DVD]

ネタメール:爆笑問題・田中裕二です。特撮番組やドラマで、視聴者プレゼントの御知らせがあるじゃないですか。アレで、特撮番組の主人公役の役者が、「たくさんのご応募、待ってるよ」っていうのは良いんですよ。

時々、ライバル役の役者が、敵幹部役の役者がそれをしますからね。しかも、凄い笑ってるんだよ。ニコニコしてるんだよ。アレ、ダメだよね。敵なんだから。「お前らにプレゼントなんか、当たるもんか!」とか本来、言うべきなのに。なに、ヒーローと一緒に、しかもプレゼントの応募を待ってるんだよ。

ライバルも、本来はあまり笑わないようなキャラなのに、ああいうプレゼントの御知らせの時は、凄い笑ってるんだよね。ダメでしょ。番組として、やっちゃダメだよ。

田中:凄い腹立つね。

太田:あぁ、そうですか?

田中:僕は、ウルトラマンとかがコマーシャルに出るのって、好きじゃないんですよ、正直。

太田:あぁ、興ざめですか。

田中:凄くイヤですね。

太田:パロディ的なね。

田中:うん。個人的にはね。ウルトラマンを本当に好きだった僕らの世代の人からしたら、まず、ウルトラマンショーも、そんなに好きじゃなかったんですよ。巨大なのが好きだったから。

太田:やっぱり、ウルトラマンショーは好きでしたね、僕は。

田中:観に行ったよ。観に行ったけどね。『ウルトラファイト』って番組があって。

太田:『ウルトラファイト』は、ウルトラマン出てこないじゃない?

田中:ウルトラマン出てこないね。怪獣同士が戦ってるんだけど、普通の工事現場の斜面みたいな。

太田:アレは、ちょっと惰性で見てましたよ。「あぁ、出てきましたエレキング」みたいな実況中継入ってたよな(笑)

田中:あぁいうのは、あんまり好きじゃなくて。

太田:アレはねぇ、結構、みんな無理して観てたと思いますよ。『ウルトラファイト』は。

田中:ウルトラマンも、たまに人間と同じ大きさ、みたいな。あとはなんか写真で見たりとかしたときに、俺は分かってたけども、ちょっとイヤだったの。

太田:TBSのウルトラマン像はどうですか?

田中:アレはまぁ、いいわ。人形とかと一緒だから。でも、ウルトラマンがウルトラマンとして、人間と一緒にいるとか。

太田:仮面ライダーショーは?

田中:仮面ライダーショーは大好き。俺は、大きさにこだわっていた。

太田:俺は、ウルトラマンが小さいことが、むしろ嬉しかったね。「俺たちの仲間なんだ」って気がしたね。

田中:ウルトラマンは、初代は40 mだったかな。

太田:僕は信じてなかったです。そんなやつが、いるわけない。

田中:信じる/信じないじゃなくて、好みなんですよ。

太田:仮面ライダーだって、それをいったら、最後の握手会とかになったら、興ざめするんでしょ?

田中:う~ん…。まぁ、そうかもな。

太田:劇ですって、目の前でやるわけだから。司会のお姉さんと。

田中:好きな方ではないね。ましてや、死神博士とかが、地獄大使とか、プレゼント応募を募集とかしてるのはイヤだ(笑)

太田:ただ、「真似しないようにね」っていうのはあったね。

田中:それはしょうがないよね。大人の事情としてね。

太田:実際に、事故が起きましたからね。

田中:俺はそういうのは、絶対にやって欲しくないし、できれば、申しわけないけど、ウルトラマンとかをコマーシャルに出さないで欲しい。出すとすれば、ウルトラマンとして、怪獣と戦ってるところとかね。

太田:変なコミカルなヤツとかはね。

田中:もう、誰が喜ぶんだって。本当にああいうのは嫌い。

【関連記事】
伊集院光「ドロドロな愛憎劇過ぎる特撮ヒーロー『イナズマン』」

三池崇史監督が語る、表現の自由の広げ方「小さな自由を少しずつ試していく」

有吉弘行「スポーツは、ニワカファンを受け入れないと衰退していく」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・田中、ネットニュースでの表現に疑問「苦言じゃないから」

前の記事:爆笑問題・太田が指摘、若者にみられる主観と客観を分けられない言動