TOPたまむすび ≫ 品川祐、「どうした品川」を企画した東野幸治に「3周回ってムカついてます」

品川祐、「どうした品川」を企画した東野幸治に「3周回ってムカついてます」

2014.03.20 (Thu)
2014年03月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑いコンビ・品川庄司の品川祐が出演し、『アメトーーク!』の「どうした品川」という企画に関して、企画案を出した東野幸治について語っていた。

品川祐・27 時間トークライブ1 17:00 ~ 20:00
品川祐・27 時間トークライブ1 17:00 ~ 20:00 [DVD]

吉田豪:品川祐さんとのインタビューで、「冠番組をゴールデンでやるっていうのを完全に諦めたから、もういいや」っていう。

品川祐:もう無いですね。もう、無理でしょ。

吉田豪:そうなんですか?

品川祐:片一方で、こんなに世間で嫌われてて、片方はパンツ一丁で仕事してるんですよ。そいつらの番組、想像つかないでしょ(笑)

吉田豪:一回りしてイケそうな気がしますけどね。

品川祐:50歳とか60歳になって、もしかしてあったら良いなぁ、くらいかな。でも、やっぱりなさそうですけどね。

吉田豪:「お笑い偏差値の高い番組に呼ばれ続ければいいかな」と。

品川祐:そこは出ておきたいですね。『アメトーーク!』とかそのへんは。出ておきたいなって思いますね。

吉田豪:昔は、冠番組をゴールデンでやることに相当こだわってたんですよね。

品川祐:こだわってました。

吉田豪:それが無くなったきっかけが、映画を撮ったことという。

品川祐:映画だけでもないけど。なんか大変そうだなって。それに向かう道のりって、ストレスばっかりで。自分の思い描いていた芸人像とは違ったりするじゃないですか。コント作ったり、好きなトークしたりってことでもないから。

吉田豪:はい。

品川祐:最初の思っていたスタート地点と、ゴールまでの道のりが違いすぎて。ゴール切ったあとも、好きな番組できるかって言われたら、そうでもなさそうだなって。

吉田豪:「どうした品川」ですからね。

品川祐:東野さんの「どうした品川」について、2周ありがたいし、こんな感じにしてくれたありがたい。でも、3周回ってムカついてますけどね(笑)

吉田豪:はっはっはっ(笑)感謝した後に(笑)

品川祐:ありがたい、ありがたい、いやいやムカつく。3周回って、大きなお世話だっていうのあります。でも、2周はね、「どうした品川」がないと、今の感じにもなってないし。

吉田豪:キャラできましたもんね。

品川祐:楽になりましたね、精神的に。

博多大吉:本人も言うけど、一生懸命、ひな壇で喋って喋って頑張ったら「おしゃべりクソ野郎」って言われて、ちょっと態度改めたら、「どうした品川」って言われて。

吉田豪:「つまんねぇよ」って(笑)

博多大吉:どうしたら良いんだって(笑)

【関連記事】
博多大吉、好感度低い芸人・品川祐に「最後まで味方でいよう」と決心した出来事

吉田豪が語る、芸人・品川祐の母が経験した作家・笹沢左保との不倫と離婚

品川祐、母親の不倫相手との赤裸々な私小説を目の前で朗読される「アメトーーク!でやって欲しいネタ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 品川祐,吉田豪,博多大吉,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:マツコ、モテ技を使う男女を肯定「媚びてると分かってても結局はそちらを選ぶ」

前の記事:品川祐、母親の不倫相手との赤裸々な私小説を目の前で朗読される「アメトーーク!でやって欲しいネタ」