TOPキョートリアル ≫ チュート徳井が語る、バラエティ番組での極意を教えてくれた先輩芸人

チュート徳井が語る、バラエティ番組での極意を教えてくれた先輩芸人

2014.03.09 (Sun)
2014年03月08日放送の京都放送系のラジオ番組『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(毎週土 22:00-23:00)にて、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(以下、徳井)が、ハリガネロック(ユウキロック、大上邦博)の解散のニュースに触れ、ユウキロックが教えてくれたという、バラエティ番組でオンエアに乗りやすい、使われやすい方法について語っていた。

チュートリアリズムIV+ASIA
チュートリアリズムIV+ASIA [DVD]

福田:ハリガネロックさんと一緒に、ベースよしもとの頃に『?マジっすか! 』(毎日テレビ)って番組で、俺らはチーム・ハリガネやったからね。

徳井:お世話になったよ。

福田:「お前、もっとアレはこうした方がいいぞ」とか、ユウキロックさん、よぉ言わはんねんな。

徳井:そうそう。アドバイス、結構くれる人やったなぁ。

福田:他の先輩って、「好きにやったらエェやん」っていう中、ユウキさんは、チーム全体のことを考えて、言ってはったな。「菅ちゃんは、もうちょっと可愛い感じでいった方がエェで」とか。

徳井:そうそう。押し付けではなくね。良いロケにしよう、良いVTRつくろうとして、色々言ってくれはったなぁ。

福田:「エェやん」ってな。

徳井:「そんでエェって。そんでエェで」って。

福田:そんな言い方やったなぁ(笑)

徳井:未だに覚えてんねんけど…ロケでのオンエアに使われる/使われへんっていうのがあるから、できるだけ自分のボケを使ってもらうにはどうしたらエェかっていうのを教えてもらって。

福田:なるほど。

徳井:スッゴい良く覚えてんねん。結局、長いのはアカンから。この年になったり、ロケバラエティもいっぱいあるし、それなりに若手の子でも、スキルのある子はいっぱいいるけど、あの頃、大阪で、バラエティ番組で若手が出るのって、『?マジっすか! 』くらいしかなかったのよ。

福田:そうやな。

徳井:そんな中、そこにちゃんと気づいてたり、確固たるものがあるのは凄いと思ったんやけどな。「長いと使われへんから、コンパクトなボケで、自分も納得できて、視聴者のために、ある程度わかりやすくないとアカンし…っていうのもあって考えると、結局、たとえボケやねん」って言ってて。

福田:あぁ。

徳井"たとえボケ"、"たとえツッコミ"みたいに、『お前、○○みたいになってるやないか』っていうの、今は主流になってるやん。

福田:うん。

徳井:(フットボールアワー)後藤も使うし。みんな使うやん。

福田:そこのセンスの差や、スキルの差はあれどな。

徳井:そうそう。みんな使うやつやんか。「田舎のホステスか」とか。

福田:「エグザイルか!」みたいなのな。

徳井:そう。「"たとえボケ"は、一番使われやすい。分かりやすいし。だから、俺はたとえボケを極力使うようにして、多く言うようにしてる」って言うてはって。

福田:うん。

徳井:まさにその通りやなって。ホンマに感心したことがあった。

福田:あの当時、あそこまで考えてなかったよね。俺ら下の人間も、特にやけど、あそこのらへんの、同じ世代の人も、あそこまでは考えてなかっただろうし、システムのことを、そういう風に理解してなかったよ。「なんとなく、センスでオモロイことを言ったらエェやろ」とか。

徳井:そうそう。

福田:「好き勝手やってるのが面白いでしょ?」っていう時やったもんな。

徳井:"たとえボケ"がオンエアに乗りやすいって認識をしっかり持ってたっていうのは、あの当時、意外に少なかったと思うねんな。

福田:なんやったら、あのくらいの時って、「めちゃくちゃやってるのが、僕らのスタイルですよ」っていうのが、多かったもんな。

徳井:それはスッゴい覚えてんねんな。

【関連記事】
チュート徳井が語る、男性が恋人に求める条件に「料理ができる」が上位に来ないワケ

チュート徳井、オンバトの自称・お笑い評論家を批判「エセ評論家のせいでおかしくなった」

バナナマン日村、秘密を暴露した東野に「スゲェこと言ってくれたな」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : チュートリアル,徳井義実,福田充徳,ハリガネロック,ユウキロック,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  キョートリアル
次の記事:ブラマヨ・吉田が語る、テレビと漫才のどちらをとるべきか「漫才は土台。土台がダメならテレビ出演もない」

前の記事:オードリー若林、アカデミー賞授賞式の会場から敗走「すぐに帰りたい、すぐに帰りたい!」