TOP加藤浩次の本気対談!コージ魂!! ≫ 野村克也が語る、自分と星野仙一監督の違い「自分とは正反対のタイプ」

野村克也が語る、自分と星野仙一監督の違い「自分とは正反対のタイプ」

2014.02.26 (Wed)
2014年02月23日放送の『加藤浩次の本気対談!コージ魂!!』にて、元楽天イーグルス監督の野村克也(以下、野村)がゲスト出演し、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(以下、加藤)と対談していた。そこで、野村が自身と楽天イーグルス・星野仙一監督との違いについて語っていた。

野村ノート
野村ノート (小学館文庫)

加藤:星野さんをどう思いますか?

野村:まぁ、私とは正反対のタイプでしょう。

加藤:どういう意味ですか?

野村:まず、彼はピッチャー出身。私はキャッチャーです。だから、どうしても監督になりますとね、監督采配というのは、選手時代の経験がベースになって、無意識にやるんですよ。

加藤:うん。

野村:失礼かもしれないけど、星野監督というのは、気合・根性というのがベースになってね、逃げの姿勢になると物凄い怒るんですよ。

加藤:うん。

野村:腰が引けるのを、物凄い嫌う監督ですね。私はキャッチャーですから、「頭と目」だって。頭脳と目の付け所っていうのが、ベースになって野球をやるもんだって、そういう思いがありますから。

加藤:真逆だってことですね、タイプとしては。

野村:もう、ピッチャーは仕事がそういう気性ですから。

加藤:野村監督が4年間育ててきた選手たちが優勝しているっていうのは、嬉しいものですか?

野村:うーん、まぁそれは言わないようにしてますけどね。

加藤:なんでですか?(笑)

野村:星野監督に失礼じゃないですか。せっかく日本一になったんですから。

加藤:あぁ。でも、土台を作ったのは、野村さんですよね?

野村:それは人の評価であってね。そういう話は耳に入ってきて、非常にありがたいと思ってますよ。

加藤:うん。

野村:それは確かに、そうだと思いますよ。どうしようもないね。1年に38勝しかできないチームやらされたんですから。

【関連記事】
野村克也×加藤浩次 対談「野村克也が語る 楽天を突然クビになった裏話」

爆笑問題・田中が暴露、野村克也の寂しい老後「テレビしか楽しいものがない」

野村克也 「弱者が強者に勝つ1つの方法」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 野村克也,加藤浩次,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  加藤浩次の本気対談!コージ魂!!
次の記事:野村克也が語る、努力を継続する大切さ「努力に即効性はない。何年後かに差が出てくる」

前の記事:野村克也×加藤浩次 対談「野村克也が語る 楽天を突然クビになった裏話」