TOPにけつッ!! ≫ 武井壮が語る「タレントになる前、とんねるず石橋貴明などの有名人と知り合えたワケ」

武井壮が語る「タレントになる前、とんねるず石橋貴明などの有名人と知り合えたワケ」

2014.02.25 (Tue)
2014年02月24日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』(毎週月 25:23 - 25:53)にて、タレントの武井壮がゲスト出演していた。そこで、テレビに出演するようになる前から、有名タレントたちと知り合うことができた理由について語っていた。

武井壮の目指せ! 百獣の王 ~人間VS動物のシミュレーションバトル 実践編~
武井壮の目指せ!  百獣の王 ~人間VS動物のシミュレーションバトル 実践編~

ケンドーコバヤシ:武井さんって、テレビに出る前から、なんで色んな人たちと友達だったんですか?結構、顔広いじゃないですか。訊いたら、昔から知り合いだったっていう。

武井壮:そうなんですよ。テレビに出る前から、「そのうち、やってやろう」と思ってて。

ケンドーコバヤシ:「かましてやろう」と?

武井壮:はい。ただ、身体能力とか他の人たちよりも衰えていたらシャレにならないんで、毎日、トレーニングはしたい、と。

千原ジュニア:はい。

武井壮:トレーニングしたいっていうのと、夜、1人でいるのは寂しいって思って。家を借りるのをやめようって思って。

ケンドーコバヤシ:例の行動ですね。

武井壮:はい。家を解約して、何をしたかっていうと、六本木か西麻布にいようと思ったんです。

千原ジュニア:はい。

武井壮:そしたら、色んな人いるじゃないですか。芸能界の人とか。その辺でトレーニングして、朝まで休憩して、そのまま仕事行けば良いなって思って。もう、家要らない、朝まで店やってるんだから。

ケンドーコバヤシ:うん。

武井壮:ってことで、西麻布から六本木に向かう坂を毎晩ダッシュしては、西麻布にあるバーで、牛乳をロックで飲みながら、犬の骨のガムあるじゃないですか。アレでガリガリ噛んで、アゴを鍛えてたんですよ。

千原ジュニア:ふふ(笑)アレは、味ってどうなんですか?

武井壮:味はほとんどないです。ブヨブヨになってくると、豚足みたいな味になります。一応、豚の腸なんで。

ケンドーコバヤシ:へぇ、そうなんですか(笑)

武井壮:あのガムって、豚の腸を乾燥させて、縛ったものなんで。それをガリガリ噛んで、アゴを鍛えてっていうのを、毎日やってたんです。

千原ジュニア:はい。

武井壮:そのバーで、色んな人に発見されたんです。

ケンドーコバヤシ:「変なヤツ、おるで」と(笑)

武井壮:とんねるず・石橋貴明さん、おぎやはぎさん、ピエール瀧さん。その辺の皆さんが。

ケンドーコバヤシ:「おかしなヤツおるで」って、喋りかけてみようと。

武井壮:そうです。色んな人から話しかけられて。

千原ジュニア:へぇ。

武井壮:「俺、こういうことやってるんです。地上最強を目指してるんです」って言ってたら、段々、広がっていって。ほとんど当時の知り合いですね。この芸能界の方々は。

ケンドーコバヤシ:不思議やって思ってたんですよ。いきなり顔が広いから。

千原ジュニア:ねぇ。

武井壮:僕も何本か収録してたら、まぁよく夜会ってた人ばっかりで。

【関連記事】
武井壮「子供の頃から練習しなければ大成しないという風潮は間違い」

武井壮「僕は、いきものがかりに飼育されていた」

石橋貴明が語る「極楽とんぼ・加藤浩次との初対面」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 武井壮,ケンドーコバヤシ,千原ジュニア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!
次の記事:武井壮、どん底から1年半で夢を掴んだ芸能界「アフリカでゴリラの群れで過ごそうと思った」

前の記事:伊集院光が語る、フィギュア・鈴木明子の演技を観て思い出した「オペラ歌手と偽っていた若手時代」