TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 久米宏、『ニュースステーション』での失言は意図的だったと明かす「覚悟を決めて用意した」

久米宏、『ニュースステーション』での失言は意図的だったと明かす「覚悟を決めて用意した」

2014.02.24 (Mon)
2014年02月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00 - 17:00 )にて、久米宏(以下、久米)がゲスト出演していた。そこで、『ニュースステーション』などの失言で、問題化したことについて「意図的な失言だった」と語っていた。

最後の晩餐 久米宏対話集
最後の晩餐 久米宏対話集

田中裕二(以下、田中):久米さん、どんだけ叩かれたか(笑)

太田光(以下、太田):ホントですよ。

久米:サンドバッグでしたから。

太田:その久米さんを習って、僕はこうなってるわけですから。悪いのは久米さんですよね。

久米:僕は割りと、思いつきの失言はしないんですよ。

太田:え?

久米:失言は予定通りです。

太田:そこは違うかもしれないですね。僕は森喜朗タイプなんですよ。

久米:ふふ(笑)「肝心な時に転ぶ」って?(笑)

太田:思いつきの失言をしてしまうんですよね。

田中:久米さんは、確信犯的に言うってことでしょ?

太田:悪いなぁ(笑)

久米:覚悟決めてね。

太田:僕は覚悟決まってないですから。

久米:だから、ああいうことになるんです(笑)

太田:はっはっはっ(笑)

久米:いたんだから、現場に(笑)

太田:テレビはそこが面白いんですよね。

久米:そうですね。

太田:昨日も、生放送の話してたけど(爆笑問題・田中×久米宏の討論「バラエティ番組はつまらなくなったのか」)。

久米:失言って、失言をするようなシチュエーションじゃないと面白くないから。

太田:はい。

久米:『ニュースステーション』の場合は、自分で演出するわけですよ。「ここで失言しそうだな」ってところで、予定通り失言しないと、面白くないんですよね。盛り上がって、ケンカ半分になったところで、思わず言ったように、用意していたものをかます、っていう感じですよね。

太田:そうか、そういう戦略を練ってるんですね。

久米:「ここだったら、言いそうだな」ってところで言ってあげないと、面白くないじゃないですか。

太田:その後、問題が起きても、それはもう想定内なんですね。

久米:僕は想定内です。でも、問題になるんですよね。

田中:「まさかここまで…」っていうのはあったでしょ?

久米:それはね、地域的にも所沢市の人に迷惑かけたからね(笑)
1999年2月1日 放送の『ニュースステーション』のダイオキシン問題に関する特集で埼玉県所沢市の葉物(実際には煎茶)から多く検出されたと伝え、これにより、埼玉県所沢市産のホウレンソウなど野菜の価格が風評被害により暴落した。

田中:ありましたから。アレは凄かった。

太田:はっはっはっ(笑)

久米:大変だったですよ。裁判所と国会にもうちょっとで呼ばれそうになるし。

田中:『ニュースステーション』って、影響力あったんですよ。あの時間帯で革命的な番組だったから。ニュースバラエティ的な番組だったから。

太田:田原総一朗みたいなめちゃくちゃなのが入ってくると、どうなるか分からないからね。

田中:ゲストもくるしね(笑)

【関連記事】
久米宏が語る、タモリが『笑っていいとも!』を32年続けられた功績「僕は18年半で息切れ」

爆笑問題・田中×久米宏の討論「バラエティ番組はつまらなくなったのか」

博多大吉が暴露、吉本興業が番組制作サイドから受けているクレーム「ジャニーズ気取りか」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 久米宏,爆笑問題,太田光,田中裕二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田×久米宏「中身の無いバラエティ番組は、制作する意味があるのか?」

前の記事:久米宏が語る、タモリが『笑っていいとも!』を32年続けられた功績「僕は18年半で息切れ」